ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジリア》不審車が大統領公邸に侵入=運転していたのは15歳少年

《ブラジリア》不審車が大統領公邸に侵入=運転していたのは15歳少年

 6月28日夜、ブラジリアの大統領公邸(アウヴォラーダ宮殿)に不審者が車で乗り付け、内部に潜り込むという事件が起きた。
 6月29、30日付現地紙・サイトによると、午後7時頃、宮殿前に不審車が停車したため、警備担当者が尋問しようとしたところ、車が急発進して門を倒し、敷地内に入った。警備員らが発砲したが、車は芝生上を走り、宮殿内の車庫に侵入しガラスなども壊した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ