ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サイズの変更で法務省が捜査?=コカ・コーラの缶の容量めぐり

サイズの変更で法務省が捜査?=コカ・コーラの缶の容量めぐり

 小さく見えるようなことで訴訟や捜査が起こるブラジルだが、6月30日付フォーリャ紙サイトによると、思わぬものが法務省の捜査対象となった。
 それはずばり、コカ・コーラ社の「缶コーラ」だ。ブラジルでは最近、これまでおなじみだった350ミリリットル缶より量を少し減らした310ミリリットル缶が発売されているが、法務省の全国消費者局によると、「この変更の件が、国民にきちんと伝えられていなかった」のが問題だという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ