ホーム | 日系社会ニュース | 米国=強制収容の記録デジタル化=日系人の生活、検索容易に

米国=強制収容の記録デジタル化=日系人の生活、検索容易に

 【ロサンゼルス共同】第2次大戦中に「敵性外国人」として強制収容所に送られた日系米国人の生活を克明に伝える写真や収容所内の新聞の記録を、米アリゾナ州立大学の公文書係官がこのほどデジタル化し、世界のどこからでも閲覧や検索、保存することが可能になった。「悲劇を繰り返さないための糧にしてほしい」としている。
 作業を行ったのはロバート・スピンドラー氏(57)。全米10カ所以上に存在した強制収容所のうち、計3万人以上の日系人が収容されていたアリゾナ州内のポストンとヒラリバーの2カ所で出版された新聞計約5千ページ分や写真をデータ化した。
 資料は戦後、日系人ら所有のものを同大と州立図書館で保管していた。デジタル化により、良好な状態での長期保存や検索が可能になった。
 日英2カ国語で書かれたポストン収容所の新聞約3年分の記録からは、所内で開かれた囲碁やダンスの会、婚約発表や訃報など、生活の様子が伝わる。1945年8月22日付紙面では、終戦を迎えて出所する収容者が今後の生活に不安を抱く様子も。「過去を追ふな」という小見出しで、読者に奮起を促した。
 スピンドラー氏は新聞から読み取れる日系人米兵の愛国心に感銘を受けた。祖国である米国に収容所送りにされるという「最悪の環境にもかかわらず、戦線で勇敢に戦った。彼らの犠牲と勇気を米国は忘れてはいけない」と話す。
 トランプ政権下で反移民の動きが高まっていることも作業の大きな動機だった。「全ての人種を受け入れ、公平な正義の下に扱うことが米国の強みだ。強制収容の歴史から私たちはその教訓を学ぶことができる」
 閲覧ページのアドレスはhttps://repository.asu.edu/items/42343

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語センター=職員を募集2006年2月18日 日本語センター=職員を募集 2006年2月18日(土) […]
  • 《ブラジル》薬品代が値上げ=上昇幅は最大4・76%=価格競争で据え置く薬局も2017年4月1日 《ブラジル》薬品代が値上げ=上昇幅は最大4・76%=価格競争で据え置く薬局も  薬代の調整がブラジル連邦官報に掲示され、3月31日から店頭価格も上がる可能性があると、3月31日付現地紙・サイトが報じた。  価格変更の対象となる医薬品は1万9千点を超え、三つのグループに分けられた上で、1・36%と3・06%、4・76%の調整が行われる。  医薬品市場規 […]
  • どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボルソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?2018年11月14日 どうなる? 文化活性のためのルアネー法=ボルソナロ政権で美術館、博物館、興行に影響か?  ジャイール・ボルソナロ次期大統領が就任した後に、どのような扱いになるかと注目されているものの中に、文化活性法「ルアネー法」がある。同法が2019年からどうなるか、心配する文化関係者や国民は少なくない。  その理由のひとつは、ボルソナロ氏がすでに、文化省を廃止して、教育省、ス […]
  • 北海道協会=08年度定期総会2008年2月1日 北海道協会=08年度定期総会 ニッケイ新聞 2008年2月1日付け  北海道協会(木下利雄会長)の〇八年度定期総会が、十七日午前十時(第二次招集)から、会館で開催される。定例議事とその他。 […]
  • PwCが投資ガイド刊行=日本語版、主にPwC社で配布2013年1月3日 PwCが投資ガイド刊行=日本語版、主にPwC社で配布 ニッケイ新聞 2013年1月3日付け  世界4大会計事務所の一つで、ロンドンを本拠地とするプライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)社がこのほど、ブラジルでビジネス展開を図る日本の進出企業や投資家向けに、当地の制度情報を網羅したガイドブックを発刊した。  同社サンパウロ・オフ […]