ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | G20サミット=政治危機で影の薄いブラジル=2国間協議の日程さえなし

G20サミット=政治危機で影の薄いブラジル=2国間協議の日程さえなし

 テメル大統領は、7、8日にドイツのハンブルグで開催されるG20サミットに出席すべく、ブラジルを6日に出立。現地到着早々、BRICS首脳との会合や歓迎会などに出席したが、今回の会議では影の薄い存在となっていると7日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。
 テメル大統領は先週、政治危機解決のためにG20サミット欠席を決め、エンリケ・メイレレス財相とアロイジオ・ヌネス外相が出席と通達していた。報道関係者用の公式プログラムのブラジル代表が財相になっているのはこのためだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ