ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》年金基金のつけは労働者に=20%引かれる年金受給者も

《ブラジル》年金基金のつけは労働者に=20%引かれる年金受給者も

 下院では年金受給開始年齢引き上げなどを含む社会保障制度改革法案の審議が待たれる中、公社を退職した職員らが年金基金の運用上のミスなどで生じたつけを負わされていると10日付現地紙が報じた。
 ペトロブラスや連邦貯蓄銀行(Caixa)などは独自の年金基金を持ち、労働者が積み立てた金を投資し、運用益を得ている。だが、これらの基金は投資先が事業に失敗したりして資金を回収できないなどの理由で巨額の赤字を抱えており、年金から割り引く処置をとる基金も出ている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ