ホーム | 連載 | 2017年 | 四世ビザに「条件付き賛成」?=本人や関係者に意見聞く | 四世ビザに「条件付き賛成」?=本人や関係者に意見聞く=(7)=あるデカセギ帰伯子弟の意見

四世ビザに「条件付き賛成」?=本人や関係者に意見聞く=(7)=あるデカセギ帰伯子弟の意見

 デカセギ帰伯子弟には高い日本語能力を活かし、ブラジルで日語教師になる人もいる。現在パラー州ベレン市の日本語学校に勤める忠鉢ユミ・ステファニーさん(三世、28)は3歳で訪日し、静岡県で暮らした経験を持つ。
 両親は日本語がわからず、家庭内ではポ語。忠鉢さんが日本語を本格的に学び始めたのは幼稚園からだ。担任の先生が身振り手振りを交えてゆっくりと話しかけてくれ、徐々に慣れていった。
 地域の小学校に進学し、友人と楽しい学校生活を送った。しかし上級生からは「ガイジン」とイジメを受けることもあった。「一年生のときにイジメが続き、二年生のときに石を投げられた。名前のせいだと思って親には『名前を変えて!』と言ったこともある」と振り返った。
 「その後、親がいじめっ子の家に抗議しに行ったら謝ってもらえた。それからは『話せばわかるのかな』と思って、何かあるたびに話しに行ったらイジメはなくなっていった」との辛い思い出を語った。
 入学したとき、学内の日系子弟は忠鉢さん一人だったが、学年が上がるごとに増えていった。他生徒の前でポ語の挨拶や、ブラジルの紹介、給食にブラジル食が出ることが増えた。保護者会にも通訳が付き、学校側の対応が変わっていった。
 日本で高校、短大を卒業した忠鉢さんは小児医療センターの事員として働いた。日ポ両語を操る忠鉢さんは事務仕事のほか、通訳として看護士の補助も任されるようになった。「ポ語を喋れるといっても、専門用語や知識の勉強はしなければならない。他の人の倍働いても給料は低いままだった」と振り返った。
 3年間働いた職場では理由のわからないイジメに遭ったことも。「また話し合いで和解したが、多分、外国人だったからだと思う」と呟くように語った。「日本で高等教育機関を卒業し、仕事をしても差別があるのか…」と失望したそうだ。
 長時間労働により、疲弊していく両親の様子を見ていた忠鉢さんは「デカセギは本当に大変です」と静かに語り、「最初は良いかもしれないが徐々に苦痛になっていく。両親はストレスが原因で心臓病になり、そのせいで働けません」と明かした。
 忠鉢さんは「個人的な意見ですが」と前置きし、「ブラジルでの勉強や経験を活かして日本で専門の職を得るのは、とても難しいと思うので、それには反対です」と強調した。デカセギを希望する生徒の気持ちを尊重しつつ、自分の経験をできるだけ客観的に伝えようとしている。(つづく、國分雪月記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能2021年2月10日 NHK=「ワタシたちはガイジンじゃない!」=ブラジルでも11日視聴可能  【既報関連】旧年12月に日本のNHK・BS1で放送された「ワタシたちはガイジンじゃない!」が、ブラジルでも視聴可能なNHK国際放送(ワールドプレミアム)で11日10時20分~11時33分まで放送される。  この番組は名古屋市内の団地で長期密着を行い、愛知、静岡、岐阜 […]
  • GREEN KIDS=ラップに込めた心の叫び=高橋幸春(東京在住ジャーナリスト)=〈2〉2020年11月4日 GREEN KIDS=ラップに込めた心の叫び=高橋幸春(東京在住ジャーナリスト)=〈2〉  出稼ぎで来日した日系人の多くの家庭では、ポルトガル語やスペイン語が使われる。当然子供たちも、日本語を話す機会は少ない。団地内でも飛び交うのはポルトガル語やスペイン語だ。  双子の兄弟は地元の小学校入学式の日、自己紹介の順番が回ってきた時、日本語で話すことができずに泣 […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]
  • 日伯関係の大変化を予感させた夜2017年7月25日 日伯関係の大変化を予感させた夜  下地幹郎衆議院議員(日本維新の会)による四世ビザ説明会からの帰り道、「日伯関係の大変化を予感させる一晩だった」としみじみ感じた。別室での記者会見で下地衆議に「票にもならない日系人のことを、どうしてそんなに一生懸命やってくれるのか?」と単刀直入に聞いたのに対し、思いもか […]