ホーム | コラム | オーリャ! | 日本民謡公演の舞台裏

日本民謡公演の舞台裏

 16日の「ブラジル日本民謡協会創立50周年記念公演」は盛況の内に閉幕した。昨日来社した塩野会長は「素晴らしいステージになったのは出演者全員のおかげ」と感謝を繰り返した。本公演には、慶祝団もあわせ約400人が出演した。日本舞踊なども出演を快く承諾してくれた。
 公演では笠を被った虚無僧姿の謎の尺八奏者が登場し、後で慶祝団の佐々木淙山さんだと明かす一幕も。塩野さんは「前日の食事会で決めた」と直前まで演出を練った様子。日本時代から演劇に関わり、常に舞台裏を支えてきた塩野さんらしいこだわりだ。
 最高齢出演者の右田守幸さんは恩年100歳。唄のほかに敬壽章授章者を代表して謝辞を述べ、来場者を驚かせた。しかも、サンミゲル・パウリスタからひとりで電車を乗り継ぎ1時間以上かけて来場したとか。
 これだけ多くの人が関わったことを考えると、次の60周年も安心して迎えられそう!? (陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 官房長官のイメージ指南でサンターナ氏2008年4月16日 官房長官のイメージ指南でサンターナ氏 ニッケイ新聞 2008年4月16日付け […]
  • カシューナッツで漆器?2016年6月4日 カシューナッツで漆器?  ジャパンハウスの全体像はいつになったら明らかになるのだろうか――。そんなモヤモヤが残った先日の第3回運営委員会。 ただ、平田アンジェラ事務局長から面白い言葉があった。「漆とカシューナッツの樹液は成分が同じ」。調べてみると、確かにどちらも同じウルシ科に属す。曰く「カシューナッツ […]
  • ブラジル日本棋院=大川ヒロアキ君が優勝=7月には全伯大会も2011年3月30日 ブラジル日本棋院=大川ヒロアキ君が優勝=7月には全伯大会も ニッケイ新聞 2011年3月30日付け  ブラジル日本棋院南米本部主催(平松幸夫理事長)の『ニッケイ新聞社杯囲碁大会』が3月20日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区にある同本部で開催された。 […]
  • 「打ち身の手当て」=ブラジル西会健康相談2003年9月30日 「打ち身の手当て」=ブラジル西会健康相談 9月30日(火)  ブラジル西会(金子明会長)は、十月四日午前十時~午後三時、ガ・ブエノ街五七三番で、無料健康相談会「打ち身の手当て」を行う。問い合わせ電話11・578・4395。 […]
  • □移転□2008年9月3日 □移転□ ニッケイ新聞 2008年9月3日付け  山内淳公証翻訳事務所が、サンパウロ市リベルダーデ区グロリア街三百三十二番にあるビルの二階二十五号室に移転した。詳細問い合わせは新電話(11・3208・4792)まで。 […]