ホーム | イベント情報 | 「平和を考える一日に」=原爆死没者追悼法要、8月6日

「平和を考える一日に」=原爆死没者追悼法要、8月6日

(左から)平崎会長、村上副会長

(左から)平崎会長、村上副会長

 「世界平和を願う一日に」―。ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は、『広島原爆死没者追悼法要』を6日午前8時から同センター(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で行う。入場無料。
 昨年5月のオバマ元米大統領の訪広を受けて、法要に加えて映画上映会を行い、現地の州立学校生徒を招待するなど、平和の機運を当地で盛り上げてきた同会。
 今回は、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)による法要の後、映画『黒い雨』(今村昌平監督)が上映される。原爆小説の代表作である井伏鱒二の小説が映画化されたものだ。
 式典では、平崎会長と村上佳和副会長が今年5月に訪広した際、松井一實市長から預かった昨年度の『平和宣言』が代読される。また、長年に渡って訪日使節団を派遣して、広島で平和学習を行ってきた松柏・大志万学園の教員生徒らを招聘し、表彰を行うことも予定しているという。
 案内のため来社した平崎会長と村上副会長は、「映画を見れば、広島で何が起きたのかを実感し、二度と悲劇を繰り返してはならないと痛感するはず。ぜひ沢山の人に来て頂き、平和を考える一日にしたい」と来場を呼びかけた。
 問合せは、同センター(11・3207・5476)まで。

 

□関連コラム□大耳小耳

 オバマ元大統領の訪広を受け、昨年は159万3280人を上回る過去最多の来場者数を記録した広島平和記念資料館。今年4月には、2年8カ月をかけた改修工事で同館の東館がリニューアルオープン。原爆により広島の街が破壊された様子をコンピューターグラフィックスで表現した映像やタッチパネル式の情報板など、最新技術を用いた展示内容になったという。東館と入れ替わりに閉館となった本館は、来夏にオープンを予定しているが、来館者に原爆の恐ろしさを強く印象付けてきた「被爆再現人形」は撤去されるのだとか。リニューアルされた資料館がどのように平和を訴え続けていくのか、今後に期待したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年7月22日 コラム オーリャ!  まったく、ヒドイ話だ、と思った。不祥事続きのNHKがブラジルでもやらかしていた。  八年前に橋本梧郎氏から拝借した資料を隠匿。謝罪どころか「返してないですか?」としらばっくれた。 […]
  • 嫉妬の少女らが友人殺害=石打の後に川に投げ込む2014年5月13日 嫉妬の少女らが友人殺害=石打の後に川に投げ込む  パラナ州フォス・ド・イグアスで6日、13歳の少女が15歳と18歳の友人に石打にされた後に川に投げ込まれて死亡し、暴行した二人も住民からリンチに遭いそうになったと9日付フォーリャ紙などが報じた。 […]
  • 情報伝達の経路取決め=全伯モデル校の代表ら=「連携」テーマにシニアも意見を2003年2月18日 情報伝達の経路取決め=全伯モデル校の代表ら=「連携」テーマにシニアも意見を 2月18日(土) […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第59話2020年10月17日 中島宏著『クリスト・レイ』第59話  ただ、日本人移民の場合は、文化性や言語、あるいは人種というものの隔たりが大きなものであった分、その障害物を超えるのに、それなりの時間がかかり、それなりの苦難が伴ったことは事実であろう。  もっとも、ブラジル人であるマルコスにとっては、その辺りのことは直接見えるものでもなく、 […]
  • カンピーナス婦人部合唱団員を募る2008年3月5日 カンピーナス婦人部合唱団員を募る ニッケイ新聞 2008年3月5日付け  カンピーナス文協(花田忠義会長)の婦人部合唱団(坂野恵美子部長指導)は、現在入会者を募集中である。特に入会資格はなく、「希望者は気軽に相談を」と呼びかけている。問い合わせ電話019・3241・1213。 […]