ホーム | イベント情報 | 「平和を考える一日に」=原爆死没者追悼法要、8月6日

「平和を考える一日に」=原爆死没者追悼法要、8月6日

(左から)平崎会長、村上副会長

(左から)平崎会長、村上副会長

 「世界平和を願う一日に」―。ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は、『広島原爆死没者追悼法要』を6日午前8時から同センター(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で行う。入場無料。
 昨年5月のオバマ元米大統領の訪広を受けて、法要に加えて映画上映会を行い、現地の州立学校生徒を招待するなど、平和の機運を当地で盛り上げてきた同会。
 今回は、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)による法要の後、映画『黒い雨』(今村昌平監督)が上映される。原爆小説の代表作である井伏鱒二の小説が映画化されたものだ。
 式典では、平崎会長と村上佳和副会長が今年5月に訪広した際、松井一實市長から預かった昨年度の『平和宣言』が代読される。また、長年に渡って訪日使節団を派遣して、広島で平和学習を行ってきた松柏・大志万学園の教員生徒らを招聘し、表彰を行うことも予定しているという。
 案内のため来社した平崎会長と村上副会長は、「映画を見れば、広島で何が起きたのかを実感し、二度と悲劇を繰り返してはならないと痛感するはず。ぜひ沢山の人に来て頂き、平和を考える一日にしたい」と来場を呼びかけた。
 問合せは、同センター(11・3207・5476)まで。

 

□関連コラム□大耳小耳

 オバマ元大統領の訪広を受け、昨年は159万3280人を上回る過去最多の来場者数を記録した広島平和記念資料館。今年4月には、2年8カ月をかけた改修工事で同館の東館がリニューアルオープン。原爆により広島の街が破壊された様子をコンピューターグラフィックスで表現した映像やタッチパネル式の情報板など、最新技術を用いた展示内容になったという。東館と入れ替わりに閉館となった本館は、来夏にオープンを予定しているが、来館者に原爆の恐ろしさを強く印象付けてきた「被爆再現人形」は撤去されるのだとか。リニューアルされた資料館がどのように平和を訴え続けていくのか、今後に期待したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サッカー=ロジェリオ・セニがクルゼイロの監督に=急転直下で名門指揮の決まったかつての名キーパー2019年8月13日 サッカー=ロジェリオ・セニがクルゼイロの監督に=急転直下で名門指揮の決まったかつての名キーパー  現役時代、サンパウロFC一筋に、出場試合数、キーパーによる得点数など、数々の記録を作り上げてきたロジェリオ・セニ氏が、名門クルゼイロの監督に大抜擢された。しかも、同リーグの他チームの監督をつとめている状態での突然の抜擢だった。  セニは昨季、全国選手権2部で、ブラジ […]
  • 2003年6月18日 移住坂―神戸と海外移住―(1)=履きなれない靴で=収容所(当時)から埠頭へ 6月18日(水)  「神戸から日本移民が出発したという史実を風化させてはならない」――三年ほど前、神戸市で、移民乗船記念碑建設や旧移住センター存続のための、市民運動を活発化させようという運動があった。その一環で『セルポート』紙に「移住坂―神戸と海外移住」が連載された。 […]
  • 今週末の催し2003年5月30日 今週末の催し 5月30日(金) 土曜日  ピエダーデ柿祭り、三十一日正午、同市ベネジット・ロッシャ街(パウラス・エ・メンデス区)、入場無料。日曜日六月一日は午前九時から。 […]
  • 大耳小耳2013年4月4日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月4日 […]
  • 第32回 不況のブラジルに必要なパラダイムシフト2015年6月20日 第32回 不況のブラジルに必要なパラダイムシフト  最近、人に会うと必ずブラジルの経済悪化の話題になる。GDPがマイナスに向い、自動車販売が、不調だった前年をさらに割り込み、ついにはブラジル人にとって鉄板と思われていた飲食業までが大幅に落ち込んでいる。 一方、公定歩合が上がり続ける中で、お金持ちの資産が膨らみ、富裕層の消費 […]