ホーム | コラム | オーリャ! | 四世ビザは日本語学校に追い風か

四世ビザは日本語学校に追い風か

 先日、読売新聞が報じた法務省案の四世ビザ在留資格の条件は、まさに「調整中」といった様子で、当人たちの間で混乱が起きている。
 「来日時に必要な日語能力はN4程度」とあったが、当地での日語能力検定は一年に一度。12月に実施され、結果が出るのは翌年3月だ。法務省は「11月から制度スタート見込み」としたが、四世の訪日が4カ月遅れてしまう。
 日語能力を判断するのに、手っ取り早いのはこの検定だ。実施回数を増やす対応や、各日本語学校で特別授業など設けるのも必要になるかもしれない。
 かつて谷広海理事長時代に、日本語センターがデカセギ速成講座を行なっていたが、今こそ復活させるべきかも。
 法務省案がどうであれ、日本生活に日語能力は必須だ。今回の読売新聞の記事で、日語学習の必要性を感じた四世が増えるかも。日語教育機関にとって、生徒数増の機会になりそうだ。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ブラジルの良さ伝えたい」=日本育ちの三世が動画配信=パンデミック機に仲間と一緒に2021年1月6日 「ブラジルの良さ伝えたい」=日本育ちの三世が動画配信=パンデミック機に仲間と一緒に  「4年間住んでいて気づかなかったブラジルの良さを再確認するきっかけに」――コロナ禍をきっかけに日本の友達と共にユーチューブへの動画配信を始めた城間クリスチーナさゆりさん(三世、28歳)はそう始めた動機を語った。友だちと始めたユーチューブ「A女チャンネル」では「ブラジル […]
  • 『平成学院・天野重知』新校舎が完成=総額750万レアル投資=乳幼児教育の新入生募集2020年12月29日 『平成学院・天野重知』新校舎が完成=総額750万レアル投資=乳幼児教育の新入生募集  サンパウロ市に『平成学院・天野重知』新校舎が完成した。総建設費750万レアル超。天野重知(しげのり=故人)は同校を経営する天野鉄人(てつひと)理事長の父。北富士演習場の入会(いりあい)権をめぐる「忍草(おぼくさ)の闘い」を、むしろ旗を掲げて指揮した闘将だ。名だたる社会 […]
  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • 《記者コラム》ブラジル式遺言の書き方2020年12月8日 《記者コラム》ブラジル式遺言の書き方  「遺言を残したいが、どうやるのか分からない」――そんな質問が編集部に寄せられた。漠然とそんな不安を抱えている人は多い。そもそもブラジルの場合、どんな場合に遺言が必要なのか。遺言を残さないで亡くなると、どんな遺産配分になるのか。独り身の場合は遺産はどうなるのか。その辺を […]
  • 文協が65周年記念式典=12日にオンライン開催2020年12月5日 文協が65周年記念式典=12日にオンライン開催  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は12日(土)午後5時からユーチューブ上(www.youtube.com/BunkyoDigital)で65周年記念式典を予定している。本来5日に予定していたが、新型コロナウイルス感染の再拡大を受けオンラインに切り替えた。  12日 […]