ホーム | ブラジル国内ニュース | ワニの腹から人の体の一部=行方不明者の男性のものか

ワニの腹から人の体の一部=行方不明者の男性のものか

 ブラジル北部のトカンチンス州で、住民が捕まえて殺したワニの腹の中から、人間の体の一部が見つかった。
 ワニが殺されたのは7月30日で、その2日前に行方不明になった男性を探していた住民らが、ワニの腹を切り割いたところ、プラスチックの袋と共に、人体の一部らしき異物が見つかり、鑑識の結果、人間のものだと判明した。
 ラゴア・ダ・コンフゾン市の住民によると、行方不明になったのは、友人と岸辺でキャンプしていたアジウソン・ベルナルデス・デ・オリヴェイラさん(47)だ。友人は7月27日午後10時頃寝入ったが、朝起きたら、アジウソンさんがいなくなっていたという。
 住民達が手分けして探したところ、川のそばでライターと草履が見つかり、消防も地上と川の双方で捜索を始めたが、2日間探してもアジウソンさんは見つからない。
 ところが、捜索に行き詰った住民が、現場付近の川にいたワニ(大人4頭を含む7頭以上)の1頭を捕まえ、殺してみたところ、腹の中から、プラスチックの袋と人体の一部らしきものが見つかった。住民達は、ワニの腹が体の割に大きいと考え、捕まえたという。
 アジウソンさんはいつもプラスチックの袋を持ち歩いていたといい、住民は、ワニが食べたのはアジウソンさんに違いないと見ている。
 トカンチンス州では、16年4月にも、同じような事件が起きている。この時の現場は西部のアラウアセマで、犠牲者は41歳のロジェリオ・マルケス・デ・オリヴェイラさんと見られている。ロジェリオさんはワニに襲われ、アラグアイア川に引きずり込まれるのを目撃されたきり、行方がわからなくなった。
 この時も、失踪から4日後に住民が殺したワニの腹の中から異物が見つかったが、鑑識の結果、人間のものではないと判断されたという。(15日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マルタ文化相が辞表提出=大統領への注文とともに2014年11月12日 マルタ文化相が辞表提出=大統領への注文とともに  マルタ・スプリシー文化相が11日朝、ジウマ大統領に辞表を提出したと11日付各紙サイトが報じた。大統領府に届けられた文書には、第一期ジウマ政権の経済政策に関する間接的な批判が記されていたという。 マルタ氏は大統領に、第二期政権の経済スタッフには「経験が豊富で独立し、市場関係 […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月2日  1日夕方から夜にかけて、都市不動産所有税(IPTU)の増税に反対する集団約250人がサンパウロ市パウリスタ大通りを経由して、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長の自宅のある南部ヴィラ・マリアーナまで、抗議行進を行なった。集団は午後6時40分 […]
  • 桜田医院でインフル予防接種2017年4月18日 桜田医院でインフル予防接種  サンパウロ市のメトロ・ブリガデイロ駅近くの桜田医院が4月24日にインフルエンザの予防接種を行なう。8時から17時半まで受け付けており、料金は一人170レ。生後6カ月の乳児から高齢者までを対象にしている。  要予約。希望者は20日までに電話(11・3266・6838)、または […]
  • 《ブラジル》奴隷労働の規制緩和差し止めに=最高裁判事が違憲と判断=最終決着は最高裁の大法廷で2017年10月25日 《ブラジル》奴隷労働の規制緩和差し止めに=最高裁判事が違憲と判断=最終決着は最高裁の大法廷で  【既報関連】ローザ・ウェベル最高裁判事は24日、野党の持続ネットワーク(Rede)が出していた、「政府が16日に出した、奴隷労働の定義、監査、罰則規定を緩和する命令は憲法に反する」との訴えを受け入れ、政府の命令の実効性を一時差し止める暫定令を出したと、同日付現地紙各紙電子版・ […]
  • 《ブラジル ダム崩壊事故関連続報》ヴァーレ、住民に補償金支払い=法定最低賃金を12カ月間2019年2月22日 《ブラジル ダム崩壊事故関連続報》ヴァーレ、住民に補償金支払い=法定最低賃金を12カ月間  1月末に発生したミナス州ブルマジーニョダム決壊事故の責任を問われている鉄鋼大手ヴァーレ社は、ブルマジーニョ市の住民に大人998レ、青少年499レ、小児249・5レを毎月、今後1年に渡って支払うことに合意したと、22日付現地各紙が報じた。  合意は20日に、ベロ・オリ […]