ホーム | コラム | オーリャ! | 日本語教師を、一家を支える職業に

日本語教師を、一家を支える職業に

 「時代に合わせた対応を」と着任挨拶で語ったブラジル日本語センターの池本千草新事務局長。「対応」すべき一例として、日語教師の安月給問題を挙げた。
 昔からコロニアでは「日本語教師は安月給」とのイメージが強い。大学卒業資格が必要な正式な教職となった現在でも、高給取りになるのは難しい。それに対して、英語や仏・独・伊語などの外国語教師は、それ相当の給与を得ている人も多いと聞く。
 「日本語教師を、一家を支えられる職業にしたい」と語る池本さん。「そのために、授業料を払う父兄がその考え方を理解してほしい」との意見を述べた。
 言葉を学ぶだけでなく、その背景にある文化や考え方などが自然に身に付くのが日本語教育だといわれる。そんな学校に生徒が集まれば、一世の多くが悩んできた日本文化・精神の継承にも役立つはず。日語教育の価値を日系社会全体で考える時期に来ているようだ。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年11月17日 大耳小耳  今回の「映像の集い」のテーマは、高橋佳子主宰が10月に発刊したばかりの著書「あなたがそこで生きる理由―人生の使命の見つけ方」(三宝出版)から。他にも「運命の逆転」(2016)「未来は変えられる!」(2015)「魂主義という生き方」(2014)「新・祈りの道」(2006)などG […]
  • 10日の夜、サンパウロに着いたネイマール(Rafael Ribeiro/ CBF)2014年6月12日 ネイマール=W杯以外でも注目集める=「次のベッカム」の声も  いよいよ今日からサッカー・ワールドカップのブラジル大会が開幕するが、試合だけにとどまらず、グラウンドの外でも最も注目を浴びる人物はセレソンのエース、ネイマールになりそうだ。 アメリカの大手新聞ニューヨーク・タイムスは7日付紙面で「次のデヴィッド・ベッカムは誰か」という記事 […]
  • 竹下調査部長帰国へ=ジェトロSP、後任二宮氏2003年3月22日 竹下調査部長帰国へ=ジェトロSP、後任二宮氏 3月22日(土) […]
  • 人文研=「日系コロニアの詩文学」を出版=大浦文雄、田口ルネ共著2010年9月30日 人文研=「日系コロニアの詩文学」を出版=大浦文雄、田口ルネ共著 ニッケイ新聞 2010年9月30日付け  サンパウロ人文科学研究所(鈴木正威所長)はこのほど「日系コロニアの詩文学」(181頁、30レアル)を刊行した。 […]
  • 第二上塚植民地=出身者の親睦会2007年8月3日 第二上塚植民地=出身者の親睦会 2007年8月3日付け […]