ホーム | コラム | オーリャ! | 日本語教師を、一家を支える職業に

日本語教師を、一家を支える職業に

 「時代に合わせた対応を」と着任挨拶で語ったブラジル日本語センターの池本千草新事務局長。「対応」すべき一例として、日語教師の安月給問題を挙げた。
 昔からコロニアでは「日本語教師は安月給」とのイメージが強い。大学卒業資格が必要な正式な教職となった現在でも、高給取りになるのは難しい。それに対して、英語や仏・独・伊語などの外国語教師は、それ相当の給与を得ている人も多いと聞く。
 「日本語教師を、一家を支えられる職業にしたい」と語る池本さん。「そのために、授業料を払う父兄がその考え方を理解してほしい」との意見を述べた。
 言葉を学ぶだけでなく、その背景にある文化や考え方などが自然に身に付くのが日本語教育だといわれる。そんな学校に生徒が集まれば、一世の多くが悩んできた日本文化・精神の継承にも役立つはず。日語教育の価値を日系社会全体で考える時期に来ているようだ。(雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉2018年10月19日 セアーザ今昔物語=ほとんど全員日本人だった=(1)=ブラジル人も日本語で交渉  1966年にサンパウロ市ビラ・レオポルヂーナ区に開場したセアーザ(通称「CEASA」、正式にはCEAGESP=サンパウロ州食糧配給センター)は、サンパウロ市民の胃袋支える連邦政府傘下の市場だ。食糧配給企業として南米1位の規模を誇る。そんな超巨大公営市場だが、開場当初は […]
  • 名画友の会=13日に鑑賞会2009年6月6日 名画友の会=13日に鑑賞会 ニッケイ新聞 2009年6月6日付け  名画友の会(五十嵐司、松平和也世話人)は十三日昼の十二時十五分から老ク連会館(シケイラ・カンポス街134番)で第百九十八回鑑賞会を開く。 […]
  • 休刊のお知らせ2017年4月28日 休刊のお知らせ 来週は5月1日(月)が「労働者の日」の祝日のため、翌2日(火)の新聞が休刊となる。
  • 贖罪日の終りはナイトパーティ2011年10月8日 贖罪日の終りはナイトパーティ ニッケイ新聞 2011年10月8日付け […]