ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 9月2、3日にコロニア・ピニャール文化体育協会で開催される『第5回びわ祭り』のため、聖市の安心トラベル旅行社はツアーを企画した。当日は、リベルダーデ広場に朝6時半集合、7時出発。現地に10時到着予定。帰路は、15時半に現地を出発し、18時半に到着予定。びわ一箱付きで、125レアル。振込みは26日までにイタウ銀行の同社口座(Ag. 0177 C/C58781-3)まで。問合せは同社(11・3274・6033/3207・6030)まで。
    ◎
 俳誌『蜂鳥』(富重久子発行人)337号が刊行された。《爪あとの残るお城に桜咲く》(間部よし乃)は熊本地震被災地訪問で詠んだ旅吟。《伝来の味噌漬けマモン移民村》(大槻京子)も文字通り味わい深い。作者の住むモンテ・アレグレのことだろうか。青いマモンを漬物にすることを最初に思いついた人が誰か分かったら、ぜひ「コロニア・ノーベル賞」をあげたいもの。《短日や句会終れば主婦の貌》(橋鏡子)も生活感のある作品。《二万キロ離れて遠き雪の里》(富岡絹子)の作者の故郷は雪深い東北か北海道なのだろうかと想像させる。地球半周2万キロ、実際は遠い。でもNHKで見ると近い。そのギャップを考えさせる作品。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]