ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》LJ=ジェデル氏の借家から大量の現金=資金洗浄の疑いが濃厚に

《ブラジル》LJ=ジェデル氏の借家から大量の現金=資金洗浄の疑いが濃厚に

 ブラジル連邦警察は5日、ラヴァ・ジャット作戦の一環として「テゾウロ・ペルジード」作戦を行い、元大統領府総務室長官のジェデル・ヴィエイラ・リマ容疑者(民主運動党・PMDB)が借りていた物件から、大量のスーツケースに隠されていた多額の現金を押収した。5日付現地紙サイトが報じている。
 今回のテゾウロ・ペルジード(失われた宝)作戦は、今年の1月に行われた「クイ・ボーノ作戦」の第2弾的内容だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ