ホーム | イベント情報 | 一人暮らしの高齢者集いの場=「助け合う会」、28日

一人暮らしの高齢者集いの場=「助け合う会」、28日

来社した宮原さん、佐藤さん

来社した宮原さん、佐藤さん

 野村アウレリオ市議の秘書・宮原ジョルジさんが、高齢者の集い「助け合う会」を28日午後2時から、聖市宮城県人会(Rua Fagundes, 152)で開催する。

 一人暮らしで生活の悩みを抱える高齢者が集い、相談したり参加者と交流を深めるもの。宮原さんは介護疲れや一人暮らしの生活に悩む人々から相談を受け、高齢者が行政サービスなど有益な情報に触れる機会が少ないことに気づいたそう。

 そんななか、生活の悩みや不安を抱える一人暮らしの高齢者の集会の様子を報道するNHK番組を偶然見た宮原さんは「一人で寂しくてうつ病になりかけていた人が元気になり、誰かの悩みにはお互いに知恵を出し合っていた。こういった集いの場が必要だ」として企画した。

 「助け合う会」では、高齢者のほか、手助けをしたい人の参加も可能。

 案内のため来社した宮原さんと佐藤セルジオさんは「一人で悩んでいる人を助けるために、色々できることがあるのでは。日系人の中でお互いに助け合っていきたい」と参加を呼びかけた。

 問合せは宮原さん(11・99611・7536)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ