ホーム | イベント情報 | 押し花アート展覧会=約300点もの作品展示

押し花アート展覧会=約300点もの作品展示

参加を呼びかける巽代表

参加を呼びかける巽代表

 押し花教室「押し花アート」(巽ミリアン代表)は、『第11回押し花アート展覧会』を11日から19日、リベルダーデ区のレバノン聖母教会(Rua Tamandare, 335)の貴賓室で開催する。午前10時~午後7時まで、入場無料。

 巽代表と生徒62人らが「四季の祭り」をテーマに思い出の場所や風景を描いた作品など約300点が展示される。10日午後7時からは招待者のみのカクテルパーティーが行われる。

 また全日午後2時からワークショップが行われるほか、会員手製の押し花アクセサリーも販売される。

 案内のため来社した巽代表は「『祭り』ということで楽しく明るい雰囲気。多くの方に来て欲しい」と来場を呼びかけた。

 問合せは巽代表(11・3207・0811)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ