ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》黄熱病が疑われる死者発生=連邦直轄区保健局が発表

《ブラジル》黄熱病が疑われる死者発生=連邦直轄区保健局が発表

 連邦直轄区保健局が27日午前、黄熱病感染が疑われ、入院加療中だった43歳の男性が脳死に陥った事を確認した。
 保健局によると、病理学的な検査結果などはまだ出ていないが、男性は連邦直轄区南東部に住んでおり、発症前の数日間はジャルジン・ボタニコのコンドミニアムや農地などを歩き回っていた。
 男性は10日ほど前に頭痛などを訴え始めた。その後は高熱や背中の痛みに悩まされていたが、病院に運び込まれた時には既に腎臓の機能が低下し、重体だったという。
 男性は心理学者で、12歳の子を頭に、3人の子持ちだった。
 直轄区内では他の患者の発生は確認されていないが、保健局は既に、保健省の指示に従った措置を講じているという。具体的な措置は、蚊の発生を予防する策や、男性が動き回っていた地域での予防接種実施などだ。
 連邦直轄区は黄熱病の予防接種が要請される地区で、これまで1度も予防接種を受けた事がない人は、保健所で予防接種を受けるよう勧められている。
 黄熱病の潜伏期間は3~6日で、主な症状は突然の発熱(高熱)や背部痛、頭痛、嘔吐、悪心など。重症例では黄疸や下血、腎障害、鼻や歯根からの出血なども起こる。(27日付G1サイト、アジェンシア・ブラジルなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2009年7月31日 「アマゾンの歌」を歩く=(10)=農協理事長、市議も ニッケイ新聞 2009年7月31日付け  胡椒景気を迎えたトメアスーの生活は一変した。移民の多くは家を新築、それは〃ピメンタ御殿〃と呼ばれた。  いっさい装飾を省いた長方形の総二階に、学校の寄宿舎のように同じ形の窓が等間隔に並ぶ山田の家にも、彼の質実な性格が現れていた。 […]
  • アグリビジネス2005年9月7日 アグリビジネス 2005年9月7日(水) […]
  • ブラジルでアメフト人気上昇中=カーニバルと重なる今年もスポーツバーは盛況2016年2月3日 ブラジルでアメフト人気上昇中=カーニバルと重なる今年もスポーツバーは盛況  サンパウロの夜はあらゆる娯楽が揃っている。ディナーはピッツァ、グルメバーガー、ブラジル風〃テマキ〃、アラブ料理にイタリアン、洒落たバーに、ショウ・レストランや劇場。スタンダップ・コメディの人気も急上昇中だ。 ブラジルでのスポーツ観戦はサッカーの独壇場に見えるが、近年は、アメリ […]
  • グァインベー南米本願寺50周年2007年4月20日 グァインベー南米本願寺50周年 2007年4月19日付け […]
  • 東西南北2016年7月16日 東西南北  14日夜、フランスのニースで起き、多くの死傷者を出したトラック事故はテロが疑われ、世界中を悲しみに包んだ。規模や背景こそ全く違え、サンパウロ市でも13日夜、トラックが民家に激突し、死傷者を出す事故が起きた。現場は北部ジャルジン・ペリのサンタイネス道沿いの広場で、制御を失ったト […]