ホーム | 文芸 | 刊行 | グァタパラ文協=移住地50年史「流芳」刊行=日ポ両語、移住地の歴史振返る

グァタパラ文協=移住地50年史「流芳」刊行=日ポ両語、移住地の歴史振返る

案内のため来社した新田さん、茂木会長、脇山編纂委員長

案内のため来社した新田さん、茂木会長、脇山編纂委員長

 グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は、2012年に迎えた移住50周年を記念して、「流芳 グァタパラ移住地50年史」を刊行した。日ポ両語。全201頁。
 記念誌には昭和36年11月に全国拓殖農業協同組合連合会が出した「グァタパラ移植民事業計画概要」の要約が掲載されているほか、第1章「グァタパラ移住地50年の歩み」では移住地建設の構想から建設当時の様子、入植者が直面した実際の農業環境などが描かれている。
 また、50周年に小泉純一郎元首相やグァタパラ移住者の出身県の知事などから寄せられた祝辞や、同地の成人式出席者や同文協の設立経緯など移住地の生活も記されている。
 案内のため来社した茂木会長、新田進さん、グァタパラ50年史編纂委員会の脇山兼助委員長によると、記念誌の発刊は、35年史の「翔洋」以来。今回のタイトル「流芳」は、「流れてきて栄える」という意味が込められている。
 発行部数は800部。グァタパラ文協事務所(16・3973・0088)で販売中。

image_print

こちらの記事もどうぞ