fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 新年祝賀会、ロンドリーナ文協で=「心の埃も掃って頑張ろう」

新年祝賀会、ロンドリーナ文協で=「心の埃も掃って頑張ろう」

新年の門出を祝し乾杯

新年の門出を祝し乾杯

 ロンドリーナ文化体育協会(佐藤アセルペドロ会長)は、恒例の「新年祝賀会」を元日午前9時からカンペストレの会館で開催し、67人が参加した。
 鈴木勇元会長の司会で、先没者への黙祷、日伯両国歌斉唱、一日一日の歌を合唱。旅行中の佐藤会長に代わって、山下ルジア第2副会長が代わって挨拶し、その中でお雑煮の由来などについて触れた。
 また、大沼ニウトン評議員議長は「埃を掃ってキレイさっぱり新年を迎えましたが、心の埃も掃って頑張りましょう」と呼びかけた他、冨永エドワルド同市議、丹敏彦元会長、品川アウレリオ医師からも祝辞が寄せられた。
 最後に、最高齢者の平沢正人さん(96)の音頭により日本酒で乾杯。婦人部お手製の美味しい雑煮が振舞われ、出席者は懇親を深めた。
 大沼議長は「元日は旅行する役員が多く、昨年は後日に催した。そのため年輩者からの苦情もあり、祝賀会は元日に戻された」と語った。
 また、正月用の餅つきについては「今回も600キロの餅米を購入し、50人が参加して行われた。レジストロ米は人気が高く、注文も殺到して足りない状態。『もっと両を増やせ』という声もあるが、600キロは限界の量」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海2014年8月2日 樹海  松原安太郎の三男の妻・松原祐子さんには、実はなかなかう約束ができなかった。連絡先を入手してから何度も電話したが、「もうすぐ旅行する」「最近バタバタだから」などと毎回断られた。半年ほど経ち、「来週クイアバに行く」と言ったら住所を教えてくれ、ようやく会えた。ポ語、しかも電話で […]
  • 10歳のストリート・ゴスペル少女が大人気 LGBTにまで大きな支持層2018年8月29日 10歳のストリート・ゴスペル少女が大人気 LGBTにまで大きな支持層  現在、サンパウロ市内では、日曜の昼に最大の繁華街パウリスタ大通りでストリート・パフォーマンスを行う、10歳の黒人のゴスペル少女が大人気だ。  話題の少女はヴィットーリア・デ・デウスちゃん。その名も「神の栄光」という、ゴスペルにはうってつけの名前だ。彼女は毎週日曜の昼に、小さ […]
  • アギアのパレードに登場したジーコ氏2015年2月21日 外交120周年=親善大使にジーコ&マルシア=日本で記念ミュージカルも  日伯両国が外交関係樹立120周年を迎えるにあたり、サッカー元日本代表監督のジーコ氏(61)と日本で活躍するタレントのマルシアさん(46、三世)が親善大使に任命された。委嘱期間は今月12日から12月31日まで。  ジーコ氏は1991年、住友金属工業蹴球 […]
  • 1日、オザスコ=文協運動会2005年4月28日 1日、オザスコ=文協運動会 メールマガジン ■コロニアニュース ■ブラジル国内ニュース ■コラム ■企画 ■会社案内 […]
  • 大耳小耳2010年4月23日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年4月23日付け […]