fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(30)

どこから来たの=大門千夏=(30)

 彼らは休憩気分で寄り、お茶を飲んだり時には父のふるまうビールを飲んだり、無駄話を一時して父に何かを売りつけると帰ってゆく。文房具、台所用品、カミソリ、靴ベラ、時にはおもちゃ、裁縫用具など、こまごました役に立つような立たないような品物ばかり。
 鉛筆は木が固すぎてうまく削れない、ナイフもカミソリも数回使っただけで刃がダメになった、栓抜きも、櫛も、おもちゃもすぐに壊れたり折れたりして役に立つものはなかった。半端もの、傷物、粗悪品と分かっていても、不要であっても、父は常に何かを束にして買っていた。
 これが母のかんしゃくの種であり、夫婦げんかの種でもあった。
 「こんな粗悪品を束にして買うことないでしょう。役に立たないものを貴方はいつもいつも買って、お金を捨てていることです。やめてください。これ以上いりませんよ」母はヒステリー気味に怒った。そのたびに父は聞こえぬフリをしたり、そそくさとその場を立ち去ったりして取り合わなかった。
 母の言うように、父の買う物は「安物買いのゼニ失い」ならず「高物買いのゼニ失い」そのもので、誰も使わず、見向きもされない品ばかりだったので、私は常に母に軍配をあげた。あんなつまらないものにお金を使う父はバカだと陰口をたたいていた。
 ある時、あまりに母の剣幕がひどくて、見ている私がハラハラしていると、父は珍しく反論した。
「あの連中だって一日中歩き回って一生懸命働いているんだ。家に帰れば女房子供が待っている。金が要るんだ。子供の学校の月謝、弁当代、家賃、電気代、ガス代…金を持って帰らんと、どうやって支払うか。だから売れなかった日はここに寄るんだ。何か買ってやればそれで少しでも助かるではないか」
 そういわれてからは、さすがの母も何も言わなくなった。
 父はしょうもない物を買い続けた。いつも小さな商いをする人たちの味方だった。
 あれから六〇年。今、父の優しさを想い、今更ながらに懐かしみ、生きている時に気が付けばよかったのにと後悔し、思いやりに満ちていた父を思い出している。
 桃子の言葉を聞いてから、私も家の近くの日系の店にお客がたくさん入ってくれるのを願って、できるかぎり近所で買い物するようになった。
日系の店が繁盛すると、なぜかうれしくなる。古い移民の郷愁にちがいない。  (二〇一二年)

やくざからの縁談……父の思い出

 父が外車を買った。水色の大きな車体のワーゲン。一九六八年、私はお産のために故郷、広島に帰った時のことだった。
 「なんとなくいつも誰かにつけられている」と父はさかんに言ったが、有名人でもないのにと私たちは一笑に付した。しかしそれは本当だった。
 ある日、前を行く不審な車が突然急停車して父の車が追突し、運転していた男は痛い痛いと大げさに喚いて救急車で病院に運ばれていった。
 「外車なんか買ったからですよ。あれほど私が大反対したのに」この時とばかりに、母の猛攻撃が始まった。しかし夫婦喧嘩をしている場合ではなかった。
 「検査を全部しましたが、どこも悪いところはありません」と医者はいう。しかし本人はあそこが痛い、ここが痛いと文句を並べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 安倍首相「日系人と相思相愛で」=前総領事の福嶌氏が来聖=将来担う新世代育成へ奮起2016年5月25日 安倍首相「日系人と相思相愛で」=前総領事の福嶌氏が来聖=将来担う新世代育成へ奮起  前在聖総領事で駐亜大使の福嶌教輝氏(57)が19日午後、ブラジル出張にあたり本紙に来社した。中南米各国に駐在する大使の会議で、安倍晋三首相から直々に「日系社会と相思相愛で働け」という言葉があったと明かし、「今こそ亜国日系社会との関係を再構築する時。連携強化、日本政府の政策見直 […]
  • 2009年12月19日 アマゾンを拓く=移住80年今昔=【サンタレン編】=第1回=壮絶な幼少期の体験=元ベルテーラ移民=岡田ハマ子さん=80年祭典委員長=生田勇治の姉 ニッケイ新聞 2009年12月19日付け  アマゾン中流の町、サンタレン。日系移住地の建設は行われなかったが、モンテアレグレ、アレンケールなどの移住地への拠点となり、市の南方にあるベルテーラやフォードランジャの元入植者やその子弟らが現在も住む。今年の日本人アマゾン移住80 […]
  • ペルー=ガルシア元大統領が自殺=オデブレヒト社巡る汚職で逮捕直前に2019年4月18日 ペルー=ガルシア元大統領が自殺=オデブレヒト社巡る汚職で逮捕直前に  ペルーのアラン・ガルシア元大統領が17日、ブラジルの多国籍企業オデブレヒト社に関連した汚職疑惑で逮捕される直前に自殺を図り、病院で亡くなったと17日付のブラジル国内紙サイトが報じた。  ガルシア氏は1985~90年と2006~11年に同国の大統領を務めており、06年 […]
  • 大会中PVがあり多くの日本人も集うOctavio Caféにて2014年6月26日 日本残念…でも、ありがとう!  W杯開幕後、ブラジル最大のテレビ局TVGloboでは、中継に次ぐ中継。ニュースや情報番組でも日々注目の試合や、ブラジル代表の様子を伝えています。そして街中にある売店には、W杯についての一面記事が踊る新聞や雑誌が並び、その日の対戦国によって町の雰囲気が少しずつ違 […]
  • 大耳小耳2015年8月29日 大耳小耳  住友化学が26日、農薬などの開発・分析を行う南米リサーチ・センターをブラジルに設立すると発表した。日本の各紙が報じた。同センターは住友化学グループの中南米初の研究開発拠点。精密な評価試験により、現地に合った製品の開発を加速させる狙いとか。ちなみに同社は遺伝子組み換え作物の種子 […]