ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 先週水曜、突然、編集部の電話が不通に。てっきり会社が電話代を払っていないのかと会計に確認すると「今回は払っているわよ」とのこと。よく調べると、グロリア街の新聞社のあたり3区画分ほどでVIVO社電話だけが使えなくなっていることが判明。木曜昼頃、マンホールを開けて工事している同社業者に話を聞くと、「夜までに終る。明日は電話使えるよ」と明るい声。翌金曜日は、もちろん相変わらず不通…。再度、修理業者に聞くと「来週火曜日までかかるな。地下の電話線の幹線が浸水して全取替え。各建物との接続を一本、一本やり直しているから時間がかかる」と暗い顔。「きっと来週の水曜までかかるな」といつものクセで遅めに想定。ところが月曜朝(5日)、電話が通じていた! 前倒しで開通していると得した気分?

image_print

こちらの記事もどうぞ