ホーム | 日系社会ニュース | 三重県人会=下川会長続投、青年増加目指す

三重県人会=下川会長続投、青年増加目指す

 ブラジル三重県人会(下川孝会長)は、1月28日、総会を開催した。役員改選が行われ、下川会長の続投が決定した。
 また、青年会員増加のための活動について、古藤忠志ウィルソン青年会リーダーを中心に話し合った。同県人会は、青年会を復活させるため、元研修生や留学生に声を掛けていくという。
 元研修生の佐野シルヴィオ評議員会会長は「県人会の将来のためにも青年が必要。一番大事にしなければならない」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ