ホーム | 日系社会ニュース | ADESC=奥山新会長就任、抱負も=他人を誉めて団結強化

ADESC=奥山新会長就任、抱負も=他人を誉めて団結強化

来社した皆さん

来社した皆さん

 農協婦人部連合会(ADESC)は、『第22回定期総会』を先月20日、高知県人会で開催した。サンパウロ州各地から約40人が参加、新役員を選出した。新役員が先月26日に来社し、抱負を語った。
 満場一致で新会長に選出された奥山貴美子さん(二世、74)は「初めて会長職を務める。先輩に教えてもらいながら、できるだけ頑張りたい」と語り、「新しい会員も増やしたい」と会の活発化に意気込みを見せた。
 2014年から2期会長として会を引っ張った西村千世子さんは副会長となり、奥山さんを支える。「色々と教えてもらったことを伝え、助けたい」と頼もしい一言。
 総会で決まった今年のテーマは「他人を誉められる人間になる」。西村副会長は「団結心をさらに強めるためには、人をけなし叱り飛ばすのではなく、誉めて団結心を強める」と説明した。
 今年の旅行は、6月末に4泊5日でマラニョン州を訪れ、レンソイス・マラニャンセスを中心に観光する。また、7月の日本祭りにはパラグアイのADESC会員5人も参加し手工芸品などを販売する予定だ。
 昨年度の収入・支出は18万8432・96レ。今年度の予算案は収入22万4600レ、支出は20万4600レとなった。
 2018―19年度の運営役員は以下の通り。
 【会長】奥山貴美子【副会長】西村千世子、鹿毛マルシア秀子、上芝原初美、内海千代美【ポ語書記】森岡幸恵、山崎セシリア【日語書記】鳥原寿子、滝井孝子【会計】則武マリア・ルイザ、飯田ミリアン

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人2018年7月7日 県連代表者会議=日本祭り、3週間後に迫る=国外から慶祝団800人  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「6月度代表者会議」が先月28日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。日本祭りを約3週間後に控えた最後の会議となり、連絡事項の確認などが行なわれた。  同祭の市川利雄実行委員長は会議当日までに、ギネス記録挑戦に528食 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]
  • 大耳小耳2015年10月21日 大耳小耳  プロ野球ヤクルトに所属する松元ダニエル・ユウイチ選手(34)が19日、引退を表明したと日本の各紙が報じている。1980年、サンパウロ州アラサツーバ生まれの日系三世で、99年に日本へ野球留学。02年ヤクルトに入団した。引退後は当地での野球指導にも貢献してほしいところ。チームは2 […]