ホーム | 連載 | 2018年 | 銃剣とブルドーザー=米軍に美田奪われた伊佐浜移民 | 銃剣とブルドーザー=米軍に美田奪われた伊佐浜移民=(2)=戦中、機関銃で家族3人失う

銃剣とブルドーザー=米軍に美田奪われた伊佐浜移民=(2)=戦中、機関銃で家族3人失う

戦中の体験を語る澤岻さん

戦中の体験を語る澤岻さん

 「本当は戦争のことも、土地闘争のことも話したくありません」。そう切り出したのは伊佐浜移民のひとり澤岻安信(たくし・あんしん)さん(85)だ。昨年末、澤岻さんの知人宅で取材した際、同席した同県人にウチナーグチ(沖縄の方言)で促されるなか、戦中の体験から少しずつ語り始めた。
 激烈な沖縄戦の最中の1945年4月、澤岻さんは13歳だった。母、弟、妹と普天間神宮近くの自然壕に身を隠していたところ、日本兵から米軍が来るから別の場所へ避難するよう指示を受け、暗い夜道を歩いていたという。
 すると突然、照明弾が上がり辺りは昼間のように明るくなった。同時に「バリバリバリ」という機関銃の音がして、一緒に避難していた人たちが撃たれて次々に倒れた。
 このとき母、弟、妹を亡くした。澤岻さんは自然壕に戻ったが、翌朝米軍に見つかって捕虜になった。収容所で祖父と再会し、そのまま終戦を迎えた。
 終戦から2年が経ったころ伊佐浜の自宅に戻ることが許された。田畑には背の高さほどまで草が生い茂っていたので切り開いた。その頃、フィリピンに出稼ぎに行っていた父親が戻ってきたので、祖父と父と3人で暮らし始めた。タクシー運転手の仕事で生活にやっと安定の兆しが見え、54年に結婚した。
 その年の4月、米軍は「土地収用令」を交付し、伊佐浜一帯の水田への水稲の植え付けを禁止すると言い渡した。「流行性脳膜炎を媒介する蚊が発生するのを防止する」というのが表向きの理由だった。
 住民らは琉球政府を通して、水稲植付禁止指令の解禁を陳情したが、9月にブルドーザーがやってきて、いきなり耕地の地ならしを始めた。住民約200人が駆け付け中止させたが、区長は基地に連行され、取り調べを受けた。
 その後、米軍が提示したけた外れに低い賃借料で交渉が成立に傾きかけた。しかし「男たちの妥協」としてナエさんを中心に女性が立ち上がったことで、村全体で土地接収に反対する機運が高まり土地闘争は本格化する。
 それに対し、米軍は実力行使に打って出た。1955年3月、基地の建設工事を強行。止めようと集まった住民に対して、引き金に指をかけて銃剣を向け、銃尾で老人、女性みさかいなく殴りつけた。
 住民と米軍の間の緊張が高まる中、7月11日、米軍は土地接収の期限を同月18日に決め、その日までに立退くよう伝達した。住民らは琉球政府を通じて、度重なる陳情を続けていたが無視された。
 55年7月18日、住民たちは自分たちの土地に座り込み、何としても米軍を食い止めるつもりでいた。土地接収は沖縄中の関心を集めていて、他の地域から駆け付けた支援者や新聞記者などが集まっていた。当時琉球大学の学生でその場に居合わせた作家の川満信一(かわみつ・しんいち)氏は著書の中で「五、六千人の支援団体がつめかけた」(『沖縄・自立と共生の思想「未来の縄文」へ架ける橋』、海風社、1987年)と記している。
 澤岻さんの一家も座り込んだ。「いくらアメリカといえども民間人を殺すことはない。絶対にどくものか」と澤岻さんは考えていた。
 終戦から10年。安定へと向かっていたはずの戦後の人生設計が、大きく崩れようとしていた。(つづく、山縣陸人記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=聖市/羽田=コロナ禍でどう変わる?=空港や機中での過ごし方=金剛仙太郎=(下)2020年6月3日 特別寄稿=聖市/羽田=コロナ禍でどう変わる?=空港や機中での過ごし方=金剛仙太郎=(下) 5月19日フランクフルト発 全日空羽田行き  機内に入ると広々とした空間にまばらに乗客が既に座っていた。聞くと、エコノミークラスの乗客は26人、ビジネスクラスは数名だという。素人が見ても赤字は必至だが、こんな状態でも運行しているだけでも感謝したくなる。  ここで […]
  • 〃鳥取村〃に新日語教師=大場諒さん、意気込み語る2016年6月4日 〃鳥取村〃に新日語教師=大場諒さん、意気込み語る  鳥取県の中学校英語教師、大場諒さん(29、鳥取)が24日に来伯、サンパウロ州ミランドポリスの第二アリアンサ移住地の第12代日語教師に就任した。 1994年から隔年で教師を招聘し、日語指導や現地村民との交流を通じ、日伯両国の文化交流促進を図るもの。大場さんは同地の日語学校で17 […]
  • 東西南北2019年8月22日 東西南北  長男フラヴィオ氏に対する汚職捜査からの防衛策や、三男エドゥアルド氏の駐米大使問題をめぐる報道が頻繁に起こるボルソナロ大統領だが、その一方で次男カルロス氏も現在、家族のために動いている。同氏は既に、来年10月のリオ市議選に出馬しない意向を示している。来年の市議選では、ボルソナロ […]
  • 進まぬ疎水工事の検分に=ルーラ十八番の選挙戦略=旗は振れども動かぬ資金2009年10月16日 進まぬ疎水工事の検分に=ルーラ十八番の選挙戦略=旗は振れども動かぬ資金 ニッケイ新聞 2009年10月16日付け  ルーラ大統領が14日から3日間、次期大統領選候補のジウマ官房長官やシロ・ゴーメス下院議員を同行して、サンフランシスコ川疎水工事の検分旅行を行っている。 […]
  • ■【記者の目】■〃質〃の高い評議員選べ2009年2月6日 ■【記者の目】■〃質〃の高い評議員選べ ニッケイ新聞 2009年2月6日付け […]