ホーム | 文芸 | 連載小説 | どこから来たの=大門千夏 | どこから来たの=大門千夏=(63)

どこから来たの=大門千夏=(63)

 この気の遠くなるような仕事をしていた人が、一〇〇〇年前に生きていたと思うと私の心臓はどきどきする。今の私と同じように喜び、悲しみ、驚き、希望、絶望…色々な感情を持って生きていたのだ。標高三五〇〇m~四二〇〇mもある酸素の薄い高地に日干し煉瓦や竹材で住居を作り、ジャガイモやトウモロコシを主食にし、時にはチチャという酒を飲んで憂さを晴らし、石を磨いていた人間が生きていた。
 一〇〇〇年前にこれを首につけた「人」が生きていた。これだけの物がもてるのは貴族であろう。草木染めの糸で織られた貫頭衣、この布に手刺繍をした豪華な服を着ていた。そして今の私と同じように家族の幸せや健康を願っていたに違いない。
 それから一〇〇〇年たった今、私がこの首飾を手にしている。あの時代の空気が、想いが伝わってくる。古の人と話ができるような錯覚をおこす。私は一瞬の間に現在と一〇〇〇年の昔とを行ったり来たりしているのだ。不思議な感覚だ。
 そしてこれから一〇〇〇年先、誰かがこの首飾を手にする。「どんな人が付けていたのかしら…?」と想いを馳せてくれるのだろうか。
 鉄も鋼鉄もなかったペルーで、硬い水晶やメノウにどのようにして穴を開けたのであろうか。非常に高いレベルの技術を持った職人がいたのだろう。腰巻一つに裸足…一日中ビーズに穴を開ける仕事をしていたのだろうか。そんな事を思いめぐらしながらこの首飾をながめる。毎日取り出してじっとながめる。そしてそっと戸棚の奥にかくす。誰にも見せたくない。見られたくない。一人ニンマリと笑い、密かに喜ぶ。
 ある日、この首飾に金の留め金をつけてもらいたくて、知人の細工屋に来てもらった。ついでにもう一つ、珍しいサンゴのカメオにも金枠をつけてもらいたい。
 早速やってきた女性は金具のデザインなど細かく聞いてから、丁寧にハンカチに包んでハンドバックに納めて持って帰った。
 それから四?五時間たって電話があった。
「あのー神隠しにあったように無くなったんです。絶対にハンドバックに入れたのに家に帰ったら無いんです」
 エエエッ! うそ! ウソでしょう! せっかく何年もかかって手に入れたのに…まさか! しかしそう言われてはどうしようもない。大きなため息をして「仕方ないですねえ」…と言った。
 せっかくの発掘品が無くなってしまった。泣きたくなるような気分だった。なかなか手に入るものではないし、ペルーでももう見つからないといわれている。考えてもどうしようもない。細工屋を責めてもなくなったものは出てこないだろう。それにしても不思議な話だ。「神隠し」という言葉が今もあるとは!
 それから三年後、背の低い肩幅のがっちりした日焼けしたペルー人の男が現れた。
「アンタかね? 発掘品の首飾りを欲しがっている人は。私が五〇本持っている。全部で五〇〇〇ドルだ」
「エッ! 五〇〇〇ドル! とんでもない。とても買えないわ。二?三本だけ売ってちょうだい」
「だめだ。五〇本でないとだめだ」の一点張り。
 箸にも棒にもかからないような言い方をする威張った男である。どんなに言っても「ノン」の一言だけ。
 このころはドルの価値があって、月に三〇〇ドルあれば(家と車があって)優雅に暮らせるという時代、一九八五年?一九九〇年の頃だった。あきらめる以外にない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パナマを越えて=本間剛夫=992015年6月17日 パナマを越えて=本間剛夫=99  私の踊りが下手なため、終始ターニャの靴を踏んだが、ターニャは嫌なそぶりもせず私をリードした。バンドが止んで私たちは手を取り合ってソファに腰を沈めた。「タケオ、あなたダンスだめね。こんどはわたしの部屋に来ないこと?」 ターニャは意味ありげに私の顔を覗いた。 ターニャはにっこ […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=252015年1月31日 パナマを越えて=本間剛夫=25  コーチは突然、暫くこの町に滞在すると意外なことをいった。何故? と質ねたが、コーチは急に用事ができたのだ、という。得体の知れないコーチのことなので深くは尋ねなかったが、コーチの方から説明した。「ここは、国際スパイの拠点だ。世界の女が集められているんだ。敵国の情報を掴むには […]
  • 大耳小耳2014年11月14日 大耳小耳  10月18日付け本面で紹介した、日系ペルー人橘谷ロシオさんが経営するケータリング「George […]
  • 今週末の催し2008年1月18日 今週末の催し ニッケイ新聞 2008年1月18日付け 土曜日  池坊南米支部初生け、新年会、十九日正午~午後四時、静岡県人会館(ヴェルゲイロ街193)。      □ […]