ホーム | 日系社会ニュース | 岩手県人会=人気のわんこそば祭を開催=女性や非日系も奮闘

岩手県人会=人気のわんこそば祭を開催=女性や非日系も奮闘

競争中の女性参加者ら

競争中の女性参加者ら

 岩手県人会(千田曠暁会長)が8日、同県人会館で「第11回わんこそば祭」を開催した。同県人会会員お手製のそばを楽しむ人やわんこそば早食い競争挑戦者など約180人が祭を楽しんだ。
 3分間で食べた杯数を争う早食い競争では30人が参加。今回の優勝は73杯を食べた早川量通さん。
 また女性のみの競争も行なわれ、会場からは「じゃんじゃん、どんどん」とわんこそばの掛け声が飛び交った。
 同県人会員の藤村美恵さん(47、二世)は「何日も前から用意していた。大会が年々盛り上がっており、嬉しい」と汗を拭った。藤村さんによると、企業団体が競争に参加すると特に盛り上がりを見せるそうだ。
 競争に参加したデニゼ・イノウエさん(30、三世)とジョアン・ペドロ・モラエスさん(33)は「日本人のイベントや文化と聞くと真面目なものを想像しがち。でもわんこそば競争はおもしろい。こんなイベントがあるとは知らなかった」と感想を述べた。
 千田会長(77、岩手)は「そばやつゆも評判が良く、良いイベントになった」と満足げに語った。


□関連コラム□大耳小耳

 「日本文化のイベント」で最初に思いつくのは芸能や武道、茶道など「真面目」なもの。ブラジル人も「おもしろい」と太鼓判を押したわんこそば競争。初めて見た人が気軽に参加できるほか、日本食が味わえ、勝負としての盛り上がりもある。県連日本祭りの舞台上で「わんこそば競争」をやったら盛り上がりそうだ。千田会長によると「軽い食べ物か飲み物で胃を慣らしてから挑戦すると良いかも」とのこと。また、体格の良い伯人でも麺をすすることができず日本人と良い勝負になることもあるそう。次回の挑戦者はぜひ参考に。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、聖市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさかいが生じ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」を聖市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当が振舞わ […]