ホーム | 日系社会ニュース | 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん

日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん

優勝カップを持って笑顔の中島さん

優勝カップを持って笑顔の中島さん

 アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつかんだ。
 大会は東京・芝メルパルクホールで開催され、日本、アメリカ、台湾、ブラジルで行われた総勢6000人の予選を勝ち抜いたアマチュア歌手130人が出場した。審査員は音楽プロデューサーやレコード会社の役員らが務めた。著名な音楽プロデューサー、小西良太郎氏は中島さんの歌声を「正確ですばらしい歌唱だった」と評価した。
 普段は獣医として働いている中島さんは、子供の時から父親の影響で歌謡の練習を続けている。しかし、片言の日本語を話す中島さんにとって、演歌を流暢に歌うのは大きな難関だ。大会までの半年間、指導者の北川朗久さんと二人三脚で半年間、ほぼ毎日練習した。

大会本番で歌う中島さん(本人提供)

大会本番で歌う中島さん(本人提供)

 中島さんは今回が大会初出場。「腰が痛くて本調子ではなかった。他の出場者もとても上手で、自分でも優勝したことが信じられない」と話す。
 賞品として優勝杯とメダル、日本ハワイ間の往復航空券を贈呈された。「とても嬉しい。優勝はアマチュア歌手としての長年の夢だったから」。
 同大会の歴代上位入賞者の中にはプロになった人もいる。健康上の理由でプロの道をあきらめていた中島さんに、優勝した今の心境を尋ねると、「チャンスがあればプロになりたい。今後も頑張りたい」と意気込んだ。
 同大会には過去に7人のブラジル代表がグランプリを受章している。今回はブラジル代表として中島さんのほかに武久了守(よしもり)さんが出場したが、上位入賞はならなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]