ホーム | 日系社会ニュース | 日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん

日本のアマチュア歌謡祭で優勝=ブラジル代表、中島幸夫さん

優勝カップを持って笑顔の中島さん

優勝カップを持って笑顔の中島さん

 アマチュア歌手の中島幸夫さん(39、3世)が、5月26日に東京で開催された「第34回日本アマチュア歌謡祭グランプリ大会」にブラジル代表として出場し、グランプリを受章した。各地の予選を通過した130人が競い合うなか、演歌『望郷新相馬』を正確に歌い上げた中島さんが栄光をつかんだ。
 大会は東京・芝メルパルクホールで開催され、日本、アメリカ、台湾、ブラジルで行われた総勢6000人の予選を勝ち抜いたアマチュア歌手130人が出場した。審査員は音楽プロデューサーやレコード会社の役員らが務めた。著名な音楽プロデューサー、小西良太郎氏は中島さんの歌声を「正確ですばらしい歌唱だった」と評価した。
 普段は獣医として働いている中島さんは、子供の時から父親の影響で歌謡の練習を続けている。しかし、片言の日本語を話す中島さんにとって、演歌を流暢に歌うのは大きな難関だ。大会までの半年間、指導者の北川朗久さんと二人三脚で半年間、ほぼ毎日練習した。

大会本番で歌う中島さん(本人提供)

大会本番で歌う中島さん(本人提供)

 中島さんは今回が大会初出場。「腰が痛くて本調子ではなかった。他の出場者もとても上手で、自分でも優勝したことが信じられない」と話す。
 賞品として優勝杯とメダル、日本ハワイ間の往復航空券を贈呈された。「とても嬉しい。優勝はアマチュア歌手としての長年の夢だったから」。
 同大会の歴代上位入賞者の中にはプロになった人もいる。健康上の理由でプロの道をあきらめていた中島さんに、優勝した今の心境を尋ねると、「チャンスがあればプロになりたい。今後も頑張りたい」と意気込んだ。
 同大会には過去に7人のブラジル代表がグランプリを受章している。今回はブラジル代表として中島さんのほかに武久了守(よしもり)さんが出場したが、上位入賞はならなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 2017年11月25日 《ブラジル》南米初、10段を取得=柔道家の篠原正夫さん=77年の精進に赤帯  「柔道を始めてから77年、家族や友人、関わった全ての人にお礼が言いたい。ムイト、ムイト・オブリガード」――柔道家の篠原正夫さん(92、二世)がそう感謝を述べると、会場から大きな拍手が贈られた。ブラジル柔道連盟(シルビオ・アカシオ・ボルジェス会長)が17日夜、1篠原さん […]
  • 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに2017年12月20日 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに  2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの活性化、グローバル化の推進、観光振興などを目的として、日本の地方自治体が海外選手団の誘致を進めている。岩手県遠野市、静岡県浜松市などがブラジルの選手団の「ホストタウン」(受入れする町)として登録され、スポー […]