ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=サンタクルス病院で無料測定=4500人が参加、健康増進に

日本祭り=サンタクルス病院で無料測定=4500人が参加、健康増進に

無料測定を受ける参加者

無料測定を受ける参加者

 サンタクルス病院(石川レナート理事長)は県連日本祭り(20~22日)でブースを出展し、日系医療機器の協賛企業の商品を紹介したほか、そのうちの一つ、オムロン社の体組成計の無料測定を実施し、常時100人以上の列ができる盛況ぶりだった。
 無料測定を受けた人には、同病院医師が作成した健康増進6原則のパンフレットが渡され、日常生活で気を付けるべきヒントが説明された。

西国医師

西国医師

同病院広報によれば、3日間で4500人が測定に参加した。
 同パンフレット作製に加わった西国幸四郎医師(こうしろう、57、大阪府)は、アインシュタイン病院にも勤務する脳外科医で、ヨガマスターや栄養学の資格も持つ。「長寿には、食べ物、精神の安定、身体を動かすことなどが欠かせない。長寿には、健康であるだけでなく、精神的な生きがいが必要」と熱心に説いていた。
 同病院は、医療系日本企業のショールームとして商品を他病院に宣伝することに一役買う指針を持っており、今回も各社商品が陳列され、説明員が忙しく対応していた。
 同ブース入口には、二宮正人・ソニア夫妻が翻訳編集した皇室短歌集がデジタルされた展示が置かれ、皇室の御下賜金を頂いた日本病院として始まった歴史を伺わせた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系社会にとって2019年はどんな年か?2019年1月9日 日系社会にとって2019年はどんな年か?  日系社会にとって、2019年はどんな年になるのか?――ブラジルではボルソナロ新大統領が就任した一方、日本では平成の世が30周年を迎え、5月に改元するという大きな節目にある。  四世ビザ制度が軌道に乗れない中、34万人もの外国人労働者を受け入れる方向に日本政府は大きく […]
  • 日系人いない町でジャパン・デイ=サンジョアン・ダ・ボア・ヴィスタ=市民600人が日本文化楽しむ=若い優美・喜楽が芸能披露2018年9月26日 日系人いない町でジャパン・デイ=サンジョアン・ダ・ボア・ヴィスタ=市民600人が日本文化楽しむ=若い優美・喜楽が芸能披露  サンパウロ州サンジョアン・ダ・ボア・ヴィスタ市は15日夜8時頃から、ジャパン・デイ(日本の日)を市立劇場で開催し、約600人の一般市民が集まり、ジャパニーズ・ダンス・カンパニー「優美」と太鼓集団「喜楽」(共に代表=花柳寿美富浩(すみとみひろ))のショーを堪能した。平均 […]
  • 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも2016年12月27日 第1位=大成功の五輪、不安はねのけ=日系も活躍、東京大会PRも  半年前に迎えた中南米大陸初の祭典。1位はやはり、リオでのオリンピック・パラリンピックだ。開幕前から工事遅延、治安、ジカ熱と不安が高まる報道が目立った。大統領弾劾が重なるような混迷期だったが、邦人被害を含め大きな事件、事故もなく無事に閉幕。ブラジル特有のホスピタリティで成功 […]
  • ■今週末の催し2016年8月25日 ■今週末の催し  27日(土曜日)  池坊南米支部花展、午前10時、サンパウロ市文化センター(Rua Verugeiro, 1000)、日曜日も      ◎  文化祭りと書籍市場、正午、スザノ文協(Rua Dibe Tanus, 535, Chacara Reunidas […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]