ホーム | コラム | オーリャ! | 国歌歌唱の金メダル

国歌歌唱の金メダル

 世界を旅する国歌レパートリー50曲のソプラノ歌手・鶴澤美枝子さんは外国の国歌を歌うとき「君が代」も必ず歌っている。「外国の国歌を歌えば、日本の国歌も歌わさせてくれる。もともと『君が代』を世界の人に聞いてもらいたいと思って始めた活動なんです」と言う。
 国歌は間違えられないため、本人曰く「命がけ」。日本語と少しの英語しか話せない鶴澤さんは、歌詞をカタカナにして一曲あたり最低でも半年間かけて頭に叩き込むのだという。
 2020年の東京五輪では金メダルを獲得した色々な国の選手のために、スタジアムでその選手の国歌を歌うつもりだ。「1964年の東京五輪マラソン種目でアベベが優勝したとき、競技場にはアベベ以外にエチオピア国歌を歌う人がいなかった。子供のときテレビで観てかわいそうだと思いました」と言う。
 今から各種目で金メダルを獲得しそうな選手とその国歌をチェックするなど余念が無い。目標は2020年の東京五輪までに120の国歌を歌えるようにすること。2年後に2倍のレパートリーにするのはかなりハードルが高い。できたらそれこそ金メダルものだ。(陸)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル2019年1月31日 日本文化が『近いようで遠い』ブラジル  「ブラジルは距離が遠いからか、日本文化があまり伝わっていない」――日系社会に対して、日本の伝統陶芸家である十一代目大樋長左衛門氏が発したその言葉に、少し驚いた。  到着した24日に来社した際、大樋氏に印象を聞くと「日系社会の関係が濃く大きい。どの国と比較しても一番日本人らし […]
  • 日本の社会問題、『万引き家族』2019年1月23日 日本の社会問題、『万引き家族』  昨年のカンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドール賞を獲得し、今年のアカデミー外国語映画賞にノミネートが決定した『万引き家族』。オバマ米前大統領もSNSで昨年のベスト10に同作品を挙げており、海外からの評価も高い。伯国では10日から上映が始まった。  出演は大河ドラマ『龍馬伝』にも […]
  • 県人会ラーメンの方向性2018年4月28日 県人会ラーメンの方向性  「喜多方ラーメン祭り」に来たヴィトル・セニシさんとマヤラ・ホンダさん(本文写真)は、専門店「あすか」や「ラーメン和」にも足を運ぶラーメン好きカップルだ。  今回の感想を聞くと、セニシさんは「あまり好みじゃない」と辛口コメント…。ラーメン人気が高まるにつれ、味にこだわる客が増 […]