ホーム | 日系社会ニュース | ひとまち点描=川魚料理専門店が独立オープン=「ランショ・リオ・ドッセ」

ひとまち点描=川魚料理専門店が独立オープン=「ランショ・リオ・ドッセ」

「ピラルクーのバナナ包み焼き」は写真栄えも間違いな

「ピラルクーのバナナ包み焼き」は写真栄えも間違いな

 ブラジルでは珍しい川魚料理専門店「ランショ・ダ・トライーラ」サンパウロ市店が独立、店名を改め「ランショ・リオ・ドッセ(rancho rio doce)」として6月1日に再オープンした。味とメニューは今まで通り。
 戦後移民の坂口功治さんがオーナーの人気店で、これまでに何回もテレビや新聞、雑誌などのメディアで取り上げられている。油の乗った川魚を揚げたり、じっくりと焼き上げたメニューが多く、魚好きには応えられない店だ。
 同店の目玉料理は「ピラルクーのバナナ葉包み焼き」。10キロ以上もある世界最大級の淡水魚を、炭火で5時間かけて焼き上げた一品。味付けは塩のみで、包んで焼くためうまみが逃げず濃厚な味わいが特徴だ。
 ピラルクーの腹に入れて海老や香草を混ぜた特製ファロッファ、ピロンやご飯も付け合せで出てくる。最低13キロ(18人向け、1千レアル)から注文を受けていて、仕入れのために、2週間前からの予約が必要。
 前菜で出てくるトライーラのから揚げも絶品で、ビールとの相性バツグンだ。他にもピンタードの串焼きやムケッカも人気だ。
 住所はこれまと同じ(Rua Machado de Assis, 556, Vila Mariana)。予約、問い合わせは同店(11・5571・3051)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ2019年9月20日 驚くほどジューシーな川魚=ランショ・リオ・ドッセ  一口ほおばると、ぎゅっと詰まった旨味と炭火の香ばしさが広がる。そして、驚くほどのジューシーさ…。もう箸が止まらない。  炭火で焼き上げた身は肉厚で弾力があり、たっぷり脂が乗っている。これは肉ではない。タンバキの炭火焼きだ。  豪快に約30センチ、1キロ […]
  • 《ブラジル》幸福の科学=正心館落慶7周年=感動を共有する式典に2017年5月20日 《ブラジル》幸福の科学=正心館落慶7周年=感動を共有する式典に  宗教法人「幸福の科学」(大川隆法総裁)の当地拠点であるブラジル正心館(村田健治本部長)は、『落慶7周年記念式典』を21日午前10時から同館(Rua Domingos de Morais, 1154, Vila […]
  • 県人会がピラルクー夕食会=ランショの熊本支援、延長へ2016年6月1日 県人会がピラルクー夕食会=ランショの熊本支援、延長へ  熊本地震の被災地支援のため、団体客による一部収益を寄付しているサンパウロ市の川魚料理専門店ランショ・ダ・トライーラ(Rua Machado de Assis, 556, Vila […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]