ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ次期大統領=失業率算出方法変更を推奨=失業保険受給者は就業者扱い?

《ブラジル》ボウソナロ次期大統領=失業率算出方法変更を推奨=失業保険受給者は就業者扱い?

 ブラジルのボウソナロ次期大統領は5日、「地理統計院(IBGE)の出している失業率は茶番だ。算出方法の変更を望む」とTVインタビューで語ったと、6日付現地紙が報じた。
 ボウソナロ氏は、「IBGEは、失業者ではなく、就業者の数に焦点をあてたデータを公表すべき」とした上で、「ボルサ・ファミリア(生活扶助)や、失業保険の受給者、1年以上就職活動をしていない人々は『就業者扱い』にすべき。そうした上で、失業率ではなく、就業率を出すべきだ。そうやってブラジルの実態を示す事は難しいことではないはずだ」との珍説を披露した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ