ホーム | ブラジル国内ニュース | 30日にトラックスト実施?=燃料費調整だけでは可能性消えず

30日にトラックスト実施?=燃料費調整だけでは可能性消えず

 2018年5~6月に起きたトラック運転手のストは、同年の国内総生産(GDP)成長率にまで影響を及ぼしたが、運転手の一部は、30日に全国スト決行という計画を完全には放棄していないようだ。

 30日にストを行うとの情報を受け、22日にはオニキス・ロレンゾーニ官房長官がトラック業界の代表者と会談を行った。また、ペトロブラスも26日に、ディーゼル油の価格調整を、毎週ではなく、15日毎に行う事を決定。連邦政府も、トラック運転手向けに、ペトロブラス傘下のPBディストリブイドーラの給油所限定だが、固定価格で給油できるカードの発行を決めた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ