ホーム | ブラジル国内ニュース | 30日にトラックスト実施?=燃料費調整だけでは可能性消えず

30日にトラックスト実施?=燃料費調整だけでは可能性消えず

 2018年5~6月に起きたトラック運転手のストは、同年の国内総生産(GDP)成長率にまで影響を及ぼしたが、運転手の一部は、30日に全国スト決行という計画を完全には放棄していないようだ。

 30日にストを行うとの情報を受け、22日にはオニキス・ロレンゾーニ官房長官がトラック業界の代表者と会談を行った。また、ペトロブラスも26日に、ディーゼル油の価格調整を、毎週ではなく、15日毎に行う事を決定。連邦政府も、トラック運転手向けに、ペトロブラス傘下のPBディストリブイドーラの給油所限定だが、固定価格で給油できるカードの発行を決めた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年5月5日 東西南北  3日のデモでの演説で「軍は政府側についている」と軍事クーデターをちらつかせるような発言まで行ったボルソナロ大統領だが、それを受けた軍は、「陸軍、空軍、海軍のいずれも軍事クーデターには反対だ」との声明を改めて行っている。また、演説の際に大統領がイスラエル国旗を掲げたことに関して […]
  • コロナ禍で孤立深めるボルソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボルソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボルソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]
  • マンデッタの解任決定的か=軍閣僚も支えきれなくなり=一向に考え変わらぬ大統領2020年4月16日 マンデッタの解任決定的か=軍閣僚も支えきれなくなり=一向に考え変わらぬ大統領  ボルソナロ大統領の執拗な圧力に加え、大統領を批判した発言が連邦政府内で不評を買ったことで、国民からの評価が高いルイス・エンリケ・マンデッタ保健相が辞任に追い込まれる公算が強まっている。13〜15日付現地紙、サイトが報じている。  マンデッタ保健相は、新型コロナ対策に […]
  • 《ブラジル》上院も緊急援助法を承認=次の過程は大統領の裁可=「詐欺に注意」と市民相2020年4月1日 《ブラジル》上院も緊急援助法を承認=次の過程は大統領の裁可=「詐欺に注意」と市民相  【既報関連】ブラジル連邦上院は3月30日、遠隔会議システムを使って本会議を行い、コロナショックで経済的に困窮する非正規雇用者、零細個人企業家、自営業者、家計の長である母親を援助する緊急援助法(auxílio […]
  • 《ブラジル》新官房長官にブラガ氏=リオ治安統治時のリーダー=大統領府は軍人独占状態に=オニキスは市民相に転進か2020年2月14日 《ブラジル》新官房長官にブラガ氏=リオ治安統治時のリーダー=大統領府は軍人独占状態に=オニキスは市民相に転進か  ボルソナロ大統領は、官房長官をオニキス・ロレンゾーニ氏(民主党・DEM)から陸軍ナンバー2にあたるヴァルテル・ソウザ・ブラガ・ネット氏に交代すべく動き、ブラガ・ネット氏も受諾の意向を見せた。これが実現すれば、大統領府は全て軍人閣僚ということになる。13日付現地紙が報じ […]