ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》投資資金貯金出来たは8%=投資の意味に認識の違いも

《ブラジル》投資資金貯金出来たは8%=投資の意味に認識の違いも

 ブラジル国内の金融業者の連合であるANBIMAが昨年初頭に行った調査によると、経済活動を行っている(子供や高齢者などを除いた)ブラジル国民の56%が「今後12カ月で投資資金を貯金することに興味がある」と答えた。
 しかし、最近の調査によると、「昨年投資資金を貯金できた」と答えたのは8%に過ぎなかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル・パラグアイ間の陸路通行再開=7カ月経て友好の橋が開通2020年10月17日 ブラジル・パラグアイ間の陸路通行再開=7カ月経て友好の橋が開通  ブラジル政府が14日にパラグアイとの間の陸上交通再開を決め、15日から「友好の橋」を開通すると号外版官報に掲載したと15日付ブラジル国内サイトが報じた。  ブラジル政府は3月、新型コロナの感染拡大防止のため、一部の例外を除き、陸・空・水路での外国人の入国を禁じた。各 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 《ブラジル》大物麻薬密売人がパラグアイへ=仮釈放後に国外逃亡2020年10月14日 《ブラジル》大物麻薬密売人がパラグアイへ=仮釈放後に国外逃亡  サンパウロ州検察局と市警関係者が匿名で、州都第一コマンド(PCC)の主要メンバーである麻薬密売人アンドレ・ド・ラップ(以下、Aラップ)が、10日(土)にパラグアイに逃げたと述べた。11日付ポデール360ニュースサイトなどが報じた。  警察や検察によると、Aラップはパ […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2>2020年10月10日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2> 世界で仕事を見つける    「ブラジルではもう8年ほど過ごしました。そろそろ他の土地で仕事をしたいという気持ちもあり、日本も訪ねてみたいです」。“世界で武者修行”という言葉がしっくり来るのが、ネパールのタナフン郡出身のガネッシュ・プラサダ・グルンさん( […]
  • 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる2020年10月8日 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる  法務省が6日、麻薬密売の摘発で押収した品の競売による収益が史上最高になったと発表した。  一例は、パラナ州での競売での410万レアルに上る売上だ。この金額は、昨年10月以降に同州で押収した品282点を競売して得たものだ。競売にかけられた282点には、乗用車やトラック、バイク […]