ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》一部のUberドライバーがスト=運賃値上げなどを求め

《ブラジル》一部のUberドライバーがスト=運賃値上げなどを求め

 スマートフォンで気軽にタクシーを呼び出せ、車1台で自営タクシーを開業できるUberは、世界各国で普及している。
 しかし、利用者にはうれしい安価な運賃も、ドライバーには儲けが少なく、5月10日に米国で予定されている株式新規公開(IPO)目前の8日、世界規模でドライバーのストライキ行為が発生。ブラジルでも8日午前0時から9日の午前0時まで、Uberならびに同業他社99Taxiのドライバーたちの一部が、ストに入った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 2003年7月29日 花やか、いわて芸能祭―岩手県人会創立45周年祭を祝う 7月29日(火)  「移住された皆様は、幾多の困難に遭遇されながらも、岩手県人特有の真面目で粘り強い精神をもって克服し、今日の揺るぎない地歩を築かれました」――。増田寛也・岩手県知事は力強くその功績を称えた。 […]
  • 援協役員会=2病院の建設状況を報告=PIPA、ユニクロ事業に応募2013年2月16日 援協役員会=2病院の建設状況を報告=PIPA、ユニクロ事業に応募 ニッケイ新聞 2013年2月16日  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)の『1月定例役員会』が先月31日、本部会議室で開かれ、グアルーリョスとサンミゲル・アルカンジョ2市で進められている病院建設工事の進捗状況が報告された。 […]
  • ルーラ=「パロッシは冷血、嘘つき!」=元財相、右腕を罵り倒す=エミリオ氏との関係も否定=モロ判事と緊迫の場面も2017年9月15日 ルーラ=「パロッシは冷血、嘘つき!」=元財相、右腕を罵り倒す=エミリオ氏との関係も否定=モロ判事と緊迫の場面も  【既報関連】ラヴァ・ジャット作戦で被告となったルーラ元大統領(労働者党・PT)は13日、パラナ州連邦裁判所で裁判で被告尋問を受け、自身の政権で財相をつとめたアントニオ・パロッシ被告が6日の同裁判で行った発言に関し、「嘘つきで冷たく計算高い人物だ」と罵った。14日付現地 […]
  • 中山遥氏=ブラジリア大教授2007年2月20日 中山遥氏=ブラジリア大教授 2007年2月20日付け  中山遥(なかやま・はるか)氏=ブラジリア大学翻訳学部日本語コース教授。今月十三日、休暇を利用しての旅行中にマットグロッソ・ド・スル州トレス・ラゴア近郊において交通事故で死去。享年六十一歳。 […]
  • 東西南北2017年1月31日 東西南北  カーニバルを約1カ月後に控え、そろそろ毎年恒例の「時のひと」のマスクが話題になりはじめるときだが、サンパウロ市中央部の3月25日通りの商人によると、今年は米国のトランプ大統領のマスクが人気だとか。奇しくも同大統領といえば、先の週末に、イランやイラクなどの中東7カ国の旅行者への […]