ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》前期比失業率14州で上昇=520万人は1年以上求職中

《ブラジル》前期比失業率14州で上昇=520万人は1年以上求職中

景気の回復が遅れ、失業率が14州で高まった(イメージ写真、Marcello Casal/Agência Brasil)

景気の回復が遅れ、失業率が14州で高まった(イメージ写真、Marcello Casal/Agência Brasil)

 ブラジル地理統計院(IBGE)が16日に発表した第1四半期のデータによると、連邦直轄区も州として数えた場合、18年第4四半期と比べた州別失業率は27州中14州で上昇し、残り13州も横ばいだったと同日付現地紙サイトが報じた。
 全国平均の失業率は12・7%で、18年3~5月期以来の高率だ。前期比の失業率上昇上位3州は、アクレ(13・1%が18%に)、ゴイアス(8・2%が10・7%に)、南マット・グロッソ(7%が9・5%に)となっている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ