ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》勤労収入ない世帯22%に=不況による雇用悪化を反映

《ブラジル》勤労収入ない世帯22%に=不況による雇用悪化を反映

 応用経済調査院(Ipea)が18日、ブラジルでは第1四半期に勤労収入がゼロだった世帯が22・7%もあったと発表したと19日付現地紙が報じた。
 勤労収入がゼロの世帯は、生活扶助(ボウサ・ファミリア)や年金、株の運用などで収入を得ている世帯だ。景気後退が始まった14年第1四半期は勤労収入がゼロの世帯は19%だったので、3・7%ポイント増えた事になる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マナウス市=重症者急増で医療崩壊が深刻化=酸素不足で大量窒息死の危機=空軍機がボンベ輸送も焼け石に水2021年1月15日 《ブラジル》マナウス市=重症者急増で医療崩壊が深刻化=酸素不足で大量窒息死の危機=空軍機がボンベ輸送も焼け石に水  【既報関連】英国型や南アフリカ型の変異種と同じ遺伝子情報を持つ変異種の存在が確認されたアマゾナス州マナウス市では、医療体制がますますひっ迫。酸素ボンベ不足で患者をピアウイ州に移送する事態まで起きていると14日付現地サイトが報じた。  マナウス市の病院で新型コロナ感染 […]
  • 《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に2021年1月12日 《サンパウロ証券取引所》マグリアーノ元社長死去=コロナ感染症の犠牲者に  サンパウロ証券取引所(Bovespa)の元社長、ライムンド・マグリアーノ・フィーリョ氏が11日、コロナウイルス感染症により、入院先のサンパウロ市アルバート・アインシュタイン病院で亡くなった。78歳だった。11日付伯字サイトが報じている。  マグリアーノ氏は1942年 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第104話2021年1月12日 中島宏著『クリスト・レイ』第104話  この時の情勢から考えてみても、政府の措置は至極当然のことであったといえる。そしてそれ以降、折からのナショナリズムの流れと相まって、外国人にとっては急速に厳しい状況に突入していくことになった。  そして皮肉なことに、隠れキリシタンの人々が懸命に努力して建立した、あのクリスト・ […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第103話2021年1月9日 中島宏著『クリスト・レイ』第103話  多くは移民たちの母国語を習い、ブラジルの国語であるポルトガル語は敬遠、もしくは無視されるという状況にあった。政府は、この部分を強行に改革し、まず子供たちの基礎をポルトガル語での教育として義務付け、それを徹底させた。同時に、外国語での教育を制限していくことになった。 この措置 […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第102話2021年1月8日 中島宏著『クリスト・レイ』第102話  この時期のブラジルでのナショナリズムは、はっきりいって異常な雰囲気を持つものであったといっていい。少なくともそれは、それまでの自由の国、移民の国というブラジルのイメージからは、程遠い流れを持つものであった。当時のドイツにおけるファシズムの台頭にも見られるように、国民の不満が高 […]