ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障制度改革=「330票取れる」とロレンゾーニ官房長官=採決に向け、最終打ち合わせ

《ブラジル》社会保障制度改革=「330票取れる」とロレンゾーニ官房長官=採決に向け、最終打ち合わせ

オニキス・ロレンゾーニ官房長官(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 【既報関連】社会保障制度改革に関する意見書が5日未明に下院特別委員会で承認されたことを受け、ロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)、オニキス・ロレンゾーニ官房長官、ダヴィ・アルコルンブレ上院議長(DEM)と、年金問題担当特別局のロジェリオ・マリーニョ局長が7日、ブラジリアの下院議長公邸で会合を行い、10日夜までに1回目の下院本会議承認を果たすための戦略を練ったと、8日付現地各紙が報じた。
 社会保障制度改革は憲法改革案であるため、議会では定数の60%以上の賛成が2回必要だ。下院通過のために必要な最低票数は308で、上院は49だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ