ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策

《ブラジル》若者や高齢者雇えば減税=政府が検討中の雇用促進策

 景気回復が遅れ、失業率の改善も進まない中、連邦政府が雇用促進策の一つとして、若者や高齢者を雇った企業に対する減税を検討していると29日付現地紙サイトが報じた。
 若者や高齢者への雇用促進策は、社会保障制度改革案承認後の経済政策の一つで、具体的な法案は経済省が近日中に議会に提出する見込みだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ