ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に出ない」ことで、感染拡大を少しでも抑制する政策も行われた。3月末からの長引く外出自粛による隔離疲れに加え、コロナの感染ペースが全国的に「安定」や「減少」へと向かっていると報じられて気がゆるんでいるのか。次の祝日は10月12日の「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」で、ここも3連休。嬉しくはあるが、こういう行動を起こされては心配がつきない。好転している今こそ、気を引き締めてほしいのだが。
     ◎
 この3連休中、サンパウロ州内の海岸や貯水池では12人が溺死している。内訳は海岸部ではグアルジャ―、モンガグアーでそれぞれ3人ずつ、ベルチオガ、ウバトゥーバでひとりずつの計8人。サンパウロ市内ではビリングス貯水池で2人が死亡。ABC地区ではジュキチバの湖で1人が死亡。さらに内陸部でも、ブラガンサの貯水池で1人が亡くなっている。コロナに気をつけることはもちろんだが、安全面での注意も忘れないように。
     ◎
 3連休中のサッカーの全国選手権。5日は、ボタフォゴ相手に敗色濃厚だったコリンチャンスが、試合終了直前にジョーのゴールで追いつき、2―2で引き分けた。サントスはセアラーに1―0で勝利した。6日は、パルメイラスが、試合終了間際にウィリアンのゴールでブラガンチーノを突き放し、2―1で勝利。サンパウロはフルミネンセに3―1で快勝した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]