ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ市長選候補=パエスの汚職疑惑は曖昧に=最高裁で1年間審理止まる

リオ市長選候補=パエスの汚職疑惑は曖昧に=最高裁で1年間審理止まる

 最高裁のマルコ・アウレーリオ・メロ判事は、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で起訴された、元リオ市長のエドゥアルド・パエス氏に関する調書を1年間手許に止め、19日に選挙地域裁に送ったが、選挙地域裁での判断は同氏のリオ市長選出馬には影響しなくなったと、3日付フォーリャ紙が報じている。
 最高裁は昨年3月、パエス氏の裁判はリオ州の選挙地域裁に回すことを決めた。同氏は、オデブレヒト社役員らが行った報奨付供述により、選挙の裏金疑惑と、収賄や資金洗浄の疑惑で起訴されていた。起訴状によるとパエス氏は、12年の選挙時に1160万レアルと575万ドルを受け取り、10年選挙でも、同党候補の選挙資金として300万レアルを支払わせたとされていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ