ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「読書習慣あり」52%=4年間で460万人も減少

《ブラジル》「読書習慣あり」52%=4年間で460万人も減少

 読書支援研究所がイタウ・クルトゥラルの協賛で行った調査によると、本を読む習慣がある人は2015年から19年にかけて460万人も少なくなった事がわかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2011年5月14日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年5月14日付け […]
  • サンパウロ市=逮捕中誕生の赤ちゃん刑務所へ=母親へ人身保護令適用か2018年2月17日 サンパウロ市=逮捕中誕生の赤ちゃん刑務所へ=母親へ人身保護令適用か  ブラジル弁護士会(OAB)が、逮捕直後に出産をした女性に対して人身保護令の適用を求めている。16日付現地サイトが報じている。  ジェシカ・モンテイロ容疑者は10日、サンパウロ市内で麻薬密売容疑で逮捕されたが、翌11日に産気づき、東部モオカの病院で出産した。  だが、直前の […]
  • 実弟が公判で沈黙破る=両親殺し=姉の供述は嘘だらけ2006年7月20日 実弟が公判で沈黙破る=両親殺し=姉の供述は嘘だらけ ニッケイ新聞 2006年7月20日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙十九日】サンパウロ市で起きた両親殺しの主犯格のスザネ被告と実行犯のクラビーニョス兄弟の裁判の第二回公判が十八日、前日に引き続き行われた。 […]
  • 毛利律子氏の講演会22日=「生老病死」考える最終回2019年8月16日 毛利律子氏の講演会22日=「生老病死」考える最終回  ブラジル日本女性の会(細井真由美代表)は毛利律子氏による講演会を22日(木)午後1時から、サンパウロ市リベルダーデ区の山形県人会会館(Av. Liberdade, 486 […]
  • サンパウロ市の車12年で43%増加=ロディージオの効果は喪失2010年6月2日 サンパウロ市の車12年で43%増加=ロディージオの効果は喪失 ニッケイ新聞 2010年6月2日付け  1997年から2009年にサンパウロ市市内を走行する車の数は43・2%増え、ナンバープレート末尾番号による乗入れ制限(ロディージオ)の効果は実質喪失と1日付エスタード紙が報じた。 […]