ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》リラ下院議長「半大統領制」の審議を希望=大統領罷免拒否での代案か?

《ブラジル》リラ下院議長「半大統領制」の審議を希望=大統領罷免拒否での代案か?

 アルトゥール・リラ下院議長(進歩党・PP)が、議員内閣制と大統領制を両立させる「半大統領制(semipresidencialismo)」の憲法改正案(PEC)の審議を希望している。これは同議長が開始をしぶっている大統領罷免審議に対する代替案との見方が強い。19日付現地サイトなどが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》複数の変異種で感染爆発?=マナウス市医療崩壊の一因か=夏でも拡散、感染力強いP1など2021年1月27日 《ブラジル》複数の変異種で感染爆発?=マナウス市医療崩壊の一因か=夏でも拡散、感染力強いP1など  【既報関連】医療崩壊が起き、新型コロナ感染症患者の窒息死や州外移送が起きたアマゾナス州マナウス市では、感染力がより強いと思われる変異種B.1.1.28、またはP1に感染した患者が約半数に上る事が分かったと22、23日付現地紙、サイトが報じた。ブラジルは現在真夏であり、 […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月12日  当地に滞在中の米国人の母娘が、出国を禁じられて先月初めから軍警にパスポートを差し押さえられていたが、一昨日、裁判所の判断で返却されることになった。10日付伯紙によれば、米国大使館や当地外務省も巻き込んだこの件は、母親の元夫のブラジル人男性が […]
  • 100年祭にらむ年に=堅実なコロニア構築望む=約1000人が式典に参列2003年1月7日 100年祭にらむ年に=堅実なコロニア構築望む=約1000人が式典に参列 1月7日(火) […]
  • 連邦最高裁判所=公務員試験の刺青認可へ=市場ではまだ強い抵抗感2016年8月23日 連邦最高裁判所=公務員試験の刺青認可へ=市場ではまだ強い抵抗感  最高裁判所は17日、公的機関の採用試験で刺青を入れた人の採用を拒否することを禁止した。  最高裁の判決は、サンパウロ州の消防士採用試験で、検診で右足に14センチの部族的な刺青が発見されたために不採用となった男性からの上告を受けたものだ。採用規定では、「道徳と優良な習慣」に反 […]
  • コラム オーリャ!2008年5月1日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年5月1日付け  在伯和歌山県人会連合会で行われた研修生の帰国報告会。毎年この時期に行われていて、本来は歓送会を兼ねて行われていた。しかし、今年から研修の受入れが行われなかったために、報告会のみになった。 […]