ホーム | 連載 | 2003年 | 日系第三国専門家派遣事業 ペルーの現場を視察

日系第三国専門家派遣事業 ペルーの現場を視察

日系第三国専門家派遣事業 ペルーの現場を視察=終=評価高い伯国専門家=それぞれの分野で貢献

3月20日(木)  日秘総合診療所は今年度、ブラジルから四人の第三国専門家の派遣を受け入れている。 牧野ロベルト所長は、今までブラジルから派遣された専門家を高く評価し、「同診療所の医師たちの良い刺激になっている」とその影響を説明する。 続けて、「免疫細胞学の分野で吉井セルジオさんが指導した最新の技術は、レベルが高く、とてもインパ ...

続きを読む »

日系第三国専門家派遣事業 ペルーの現場を視察(2)=超音波の診察普及=日秘総合診療所に長蛇の列

3月19日(水)  リマ市のヘスス・マリア区にある日系人協会に隣接して建っている日秘総合診療所(牧野ロベルト所長)は日本移民八十周年記念事業の一環として、計画、建設され、八一年に完成した。 以来、数度にわたる拡張工事を行い、現在では四階建ての延べ床面積一五五四平方メートルを誇る日系総合診療所である。 施設内には薬局やメガネレンズ ...

続きを読む »

日系第三国専門家派遣事業 ペルーの現場を視察(1)=活躍する日系ブラジル人=注目されるプロジェクト

3月18日(火)  国際協力事業団(JICA)が九六年から行っている『日系第三国専門家派遣事業』は「中南米等のスペイン語、ポルトガル語圏において高度な知識、技術力を有した日系人を専門家として活用し、技術協力をより一層効果的に実施する事業」として関係者の注目を集め、評価も高い。ブラジルからは〇三年度までに三十六人が受け入れ対象国に ...

続きを読む »