ホーム | 連載 | 2005年 | その時「真珠湾攻撃」を知らされた

その時「真珠湾攻撃」を知らされた

その時「真珠湾攻撃」を知らされた=連載(下)=岸本昂一園長の祖国愛=今も慕う暁星の教え子たち

 真珠湾攻撃の翌年、一九四二年一月にブラジルは、日本など枢軸国側と国交断絶した。四三年三月二十一日夜、突然屈強な刑事数人が暁星学園の裏口からなだれ込み、大がかりな家宅捜索をおこなった。日本語書籍はもちろん、日本語の帳簿類、野球の道具まで没収した。岸本昂一園長にも取り調べが行われ、一カ月余り逮捕獄中生活を強いられた。  その時の体 ...

続きを読む »

その時「真珠湾攻撃」を知らされた=連載(上)=-―64年前の7日夜=ピニエイロス暁星学園では学芸会を=暗い時世、近隣住民も見に

 六十四年前の八日、真珠湾攻撃により、太平洋戦争がはじまった。ブラジル時間では一九四一年十二月七日夜、聖市ピニェイロス区にあった暁星学園と勤労部は学芸会を楽しんでいた最中だった。同年八月には邦字紙が軒並み停刊、廃刊したばかりだった。暗い時世の一服の清涼剤ともいうべき催しで、近隣日本人住民までこぞって見にきた。十一月二十六日に行わ ...

続きを読む »