ホーム | 連載 | 2007年 | ドウラードに眠る初期移民~日本人位牌堂を訪ねて

ドウラードに眠る初期移民~日本人位牌堂を訪ねて

ドウラードに眠る初期移民―日本人位牌堂を訪ねて=連載《下》=耳に響いた〝慟哭の声〟=埋もれた歴史に光あてる

2007年8月15日付け ドウラードに眠る初期移民~日本人位牌堂を訪ねて=連載《下》=耳に響いた〝慟哭の声〟=埋もれた歴史に光あてる  はじまりは、ドウラード墓地の近くで農業を営んでいた鈴木保重氏(リオ・ボニート在住)が「慟哭する声を耳にしたので不思議に思い」、墓地内の位牌堂の存在を知ったことだった。  時は一九七四年。鈴木氏を ...

続きを読む »

ドウラードに眠る初期移民~日本人位牌堂を訪ねて=《連載・上》=聖州=4回移民37柱を祀り=〝位牌守〟続ける野口さん

2007年8月14日付け  サンパウロ州ドウラード。聖市から二百八十キロ、アララクアラの西方六十キロにあるこの小さな町の墓地に、小さな堂が建っている。中には、日本語で書かれた数十の位牌。かつて希望を胸に海を渡り、同地へ入り、そして夢なかばで亡くなった移民たちのものだ。日本人のいない町には、その意味を知る人もなく、堂は今もひっそり ...

続きを読む »