ホーム | 連載 | 2008年 | レジストロ灯篭流し~過去から、未来へ

レジストロ灯篭流し~過去から、未来へ

 毎年ブラジルのお盆にあたる十一月二日、「死者の日」(フィナードス)に開催されるレジストロの「灯篭流し」。五十四回目を迎えた今年、二日間の開催で過去最高の二万二千人が訪れた。水難犠牲者の冥福を祈るとともに、日本文化を紹介、フィナーレを飾る花火は、水郷の里の風物詩だ。未来に残したいーとの思いから、移民百周年を記念し、主催団体であるレジストロ日伯文化協会(清水ルーベンス会長)は、国立遺跡美術遺産院(IPHAN)に今年十月、文化財登録への申請を行った。その調査経過で、レジストロの北に二十キロにある街セッテ・バーラスが灯篭流しの〃発祥の地〃であることが分かった。【堀江剛史記者】

レジストロ灯篭流し~過去から、未来へ=連載(下)=連邦文化財に申請=来年早々にも登録か

ニッケイ新聞 2008年11月13日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  同記事を見たアラサツーバから親戚が訪れ ...

続きを読む »

レジストロ灯篭流し~過去から、未来へ=連載(上)=発祥はセッテ・バーラス!?=邦人男性が入水自殺

ニッケイ新聞 2008年11月12日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  毎年ブラジルのお盆にあたる十一月二日、 ...

続きを読む »