fbpx
ホーム | 連載 | 2009年 | アマゾンを拓く=移住80年今昔=【エフィジェニオ・デ・サーレス編】

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【エフィジェニオ・デ・サーレス編】

 現在日系三十二家族が住むエフィジェニオ・デ・サーレス移住地は、百八十万都市マナウスが消費する鶏卵の約七割を供給する〃卵の里〃だ。アマゾナス州政府と契約を結んだ日本政府は、一九五八年十一月に第一陣十七家族、六一年までに五十四家族を送り込んだ。マナウスの北四十キロに位置し、現在では「コロニア・ジャポネーザ」行きのバスも運行するが、悪路とマラリアが移民らを苦しめ、急勾配で強酸性の土地は農業に不適格な土地だった。昨年十一月に入植から半世紀を迎えた同地を訪ねた。

アマゾンを拓く=移住80年今昔=【エフィジェニオ・デ・サーレス編】=(下)=教室にタランチュラ!?=昨年の50周年で決意新た

ニッケイ新聞 2009年6月24日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  自治会長である宮本倫克さんの案内で自治会 ...

続きを読む »

連載=アマゾンを拓く=移住80年今昔=【エフィジェニオ・デ・サーレス編】=(上)急勾配、強酸性の〃農地〃=困難乗り越え、卵の里築く

ニッケイ新聞 2009年6月23日付け 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  現在日系三十二家族が住むエフィジェニオ・ ...

続きを読む »