ホーム | 連載 | 2013年 | ベテラン校長らが語る=日語校経営の〃秘訣〃

ベテラン校長らが語る=日語校経営の〃秘訣〃

 ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が1月23日から3日間、『第55回全伯日本語教師合同研修会』を開催し、60人の日本語教師が参加した。最終日のプログラム「ベテラン教師に聞く」では4校の校長による経営の秘訣が語られた。ドウラードス日本語モデル校の城田志津子校長(南麻州)、ブラジリア日本語モデル校の三分一貴美子校長、越知日伯学園の越知恭子校長(パラー州ベレン)、クリチーバ日本語学校の大山多恵子校長(パラナ州)が、聞き手をひきつける巧みな話術で1時間半にわたりノウハウを披露、参加者は熱心に聞き入った。

ベテラン校長らが語る=日語校経営の〃秘訣〃=(下)=ベレン「多言語教育重視」=クリチーバ「生徒との信頼関係」

ニッケイ新聞 2013年2月21日 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  ブラジリア日本語モデル校の三分一校長は、生徒 ...

続きを読む »

ベテラン校長らが語る=日語校経営の〃秘訣〃=(上)=城田「少数精鋭、和太鼓」=首都はカルチャークラス

ニッケイ新聞 2013年2月20日 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が1 ...

続きを読む »