ホーム | カシャッサ 関連記事 (ページ 5)

カシャッサ 関連記事

東西南北

2006年11月2日付け  飲料メーカーの最大手ジアジェオが七年前、カシャッサのネガ・フロウを買収して以来、カシャッサの国際化で下地を準備していた。同社は二〇〇七年からブラジルの心意気として、ジョニー・ウオカーやウオッカ、ギネス、テキラと並ぶカシャッサを十か国で販売促進するという。      ◎  アマゾン川は長い間、アマゾン湖 ...

続きを読む »

ピンガの消費落ち込み続く=起死回生に躍起のメーカー

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

大耳小耳

2006年9月7日付け  エタノール、デジタルテレビ、はてはカシャッサまで、幅広くセミナーを開催しているブラジル日本商工会議所。今度は、「大学実習生・活用のススメ」と題する集まりが開かれるようだ。ブラジルの大学実習生をいかに活用するか、を説明するもの。日系学生に限った話ではないだろうが、日系人の日系企業離れが言われる昨今、こうし ...

続きを読む »

東西南北

2006年8月4日付け  サッカーチーム、サントスに所属するコレイア選手の母親(53)が二日朝、サンパウロ市東部イタケーラ区の自宅から車で拉致されそうになった。連れ去る途中、犯人らは運転を誤り市内バスに正面衝突、直後にもう一台の車に乗り換えて逃走。後部座席に残された母親は無事だった。      ◎  連邦警察は二日、少年四人が空 ...

続きを読む »

大耳小耳

2006年7月28日付け  さきの日本祭りで「ブラジル日系文学」ブースは、出展奨励ブースとして、ふさわしい働きがあったようだ。芭蕉の「古池や――」の句をハイカイ作句者と散文翻訳者による二通りの翻訳で紹介していた。省略が効いたハイカイ風をブラジル人は理解しただろうか。文芸愛好者たちには〃たまり場〃として格好の場所だった。ミナスへわ ...

続きを読む »

観光産業振興するSC州西部=イター、旧市街沈んで生き返る=トレーゼ・チーリャス カデイア、15年使用せず

2006年6月7日(水)  ブラジル南部、サンタカタリーナ州の西部。リオ・グランデ・ド・スル州と境を接するこの地域には、戦前からドイツ、イタリアなどヨーロッパ系の移民が町を築いてきた。観光の盛んな州東部と違って戦後も長く農業が中心だったが、現在、この地域の諸都市が「Rota de Amizade(友情街道)」と銘打って観光振興を ...

続きを読む »

南パラナもふるさと=県連6日間の旅=連載(2)=コチア解散以来の再会も=山越え列車でモレッテスへ

2006年5月19日(金)  第二十五回移民のふるさと巡り一行は、クリチーバ文化援護協会ヴェラ―バ本部会館で、着物姿の山城美幸さん(15)と明菜さん(17)に出迎えられた。二人は、三味線、民謡、日本舞踊をこなす正に「日本的な」日系四世だ。  五日夜の交歓夕食会には、クリチーバ側から八十人前後の人が参加し、総勢二百人が集った。同協 ...

続きを読む »

カシャッサをイメージアップ!=大衆酒脱皮なるか=上流層への浸透に各社懸命=年々増加する輸出

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

マンジョッカ焼酎=2月中に販売開始=МNプロポリス社

2006年1月14日(土)  モジ市のМNプロポリス社(松田典仁社長)が開発した世界初の有機マンジョッカ焼酎「イタペチ」が二月中にも販売開始されることが分かった。  十二日付エスタード・デ・サンパウロ紙が「ブラジル版(のショウチュウ)はマンジョッカを蒸留したもの」などと報じている。  アルコール度数は二十五%。販売価格は六百ミリ ...

続きを読む »

新春気分を味わえる=グランドホテルへ行こう

1月1日(日)  細川たかしディナーショー。お子さんやお孫さんの祝いの席に。ブライダルフェア。夫婦贅沢宿泊プラン。エステティック宿泊プラン。忘・新年会シーズナルスペシャルパーティープラン。  故郷の新潟グランドホテルのホームページをみたら、こんなトピックがずらーと並んでいた。  通俗のオンパレードだ。  とっておきの日の食事、芸 ...

続きを読む »