ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2006年8月4日付け

 サッカーチーム、サントスに所属するコレイア選手の母親(53)が二日朝、サンパウロ市東部イタケーラ区の自宅から車で拉致されそうになった。連れ去る途中、犯人らは運転を誤り市内バスに正面衝突、直後にもう一台の車に乗り換えて逃走。後部座席に残された母親は無事だった。
     ◎
 連邦警察は二日、少年四人が空き家で発見した大金が昨年八月にセアラー州フォルタレーザ市の中央銀行支店から盗まれたものだったことを確認した。少年らは復讐を恐れ、発見日(二十九日)以降家に引きこもっているという。
     ◎
 検察庁はPCCの襲撃で死亡した消防隊員の家族への補償に、押収したPCCの資金を当てるよう裁判で要求。
     ◎
 リベルタドーレス杯の準決勝サンパウロ―シーバス・グアダラハラ(メキシコ)の第二戦が二日、サンパウロ市モルンビー競技場で行われ、三―〇でサンパウロが第一戦に続いて勝利を収め、決勝進出を決めた。決勝進出は六度目で、二年連続四度目の優勝を狙う。準決勝のもう一方は、インテルナシオナル(ブラジル)とリベルタード(パラグアイ)の対戦で、第二戦が三日に行われる(第一戦は引き分け)。
     ◎
 サンカルロス連邦大学は、輸出向けのカシャッサ開発に成功と発表した。国際衛生基準によれば、カシャッサに含まれる重金属の銅は一リットル当たり二ミリグラム以下という。ブラジルで市販されるカシャッサは五ミリグラム以下で、健康に影響はないとされる。ブラジルでは、カシャッサの蒸留に銅のランビキを使う。ステンレスのランビキで代用したところ、味と香りが落ちる。試行錯誤の結果、大理石のランビキで成功した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月17日  きょう17日は、サッカーで重要な試合が二つある。ひとつは南米一をかけたリベルタドーレス杯の決勝戦第一試合のアトレチコ・ミネイロ対オリンピア(パラグアイ)戦。ミネイロはベルナールらコンフェデ杯代表選手3人を擁する強豪だが、代表入りを逃したエー […]
  • 東西南北2018年8月28日 東西南北  サンパウロ市中央部リベルダーデ区にあるアフリトス聖堂が、崩壊の危機にさらされているという。同聖堂は、市内にはじめてできた霊園内に1775年に建てられ、市内でも有数の歴史を持つものだ。だが、ここ数年はメンテナンスがうまく行われておらず、壁にはひび割れが増え、さらに近隣の建物が改 […]
  • サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍2017年3月15日 サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍  現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17 […]
  • 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王2016年3月24日 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王  2018年ロシアW杯出場を目指し、南米予選を戦っているブラジル代表のFWジョナス(31)は、ポルトガルの名門ベンフィカで今期、27試合29得点の活躍で代表に招集されたが、そんな彼が、プロのキャリアを諦め、薬局に勤める寸前だった事を23日付エスタード紙が報じた。 ポルトガルリー […]
  • サッカー=今年最初のセレソン発表=W杯南米予選は25日2016年3月4日 サッカー=今年最初のセレソン発表=W杯南米予選は25日  3日、サッカーブラジル代表(セレソン)のドゥンガ監督が、25日と29日に行われるW杯南米予選の出場選手23人の発表を行った。3日付伯字紙サイトが報じている。 注目は、1、2月に大量に発生した、中国への移籍選手をドゥンガ監督が召集するかだったが、南米予選前節でも活躍した前コリン […]