ホーム | サルバドール 関連記事

サルバドール 関連記事

コロナ禍回避=国家非常事態宣言が両院通過=リオ州はバスや航空便規制

 【既報関連】新型コロナウイルスへの感染者が急増し、死者まで出始めた事で、国や州、市レベルでの取り組みが進む中、上院が20日に、ブラジルが非常事態である事を認めた。これにより、両院が非常事態宣言を出す事を承認した事になり、即座に非常事態宣言が発効となったと20日付現地紙サイトが報じた。  また、連邦政府による外国人入国制限など、 ...

続きを読む »

《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる

 ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性があるとして市内の病院で受診したが、発熱や咳、息苦しさなどを訴え ...

続きを読む »

《コロナウイルス》ブラジル国内の感染者は13人に=バイーア州で1人、サンパウロ州で4人増=DF在住女性も確認待ち

 【既報関連】バイーア州保健局は6日朝、同州フェイラ・デ・サンターナ市に住む34歳の女性が新型コロナウイルス感染症(COVID―19)に感染していることを確認した。  また、同日午後のブラジル保健省の会見でも、サンパウロ州在住の感染者が4人増えたと発表された。これでブラジル国内の感染者は13人になった。6日付ブラジル国内各紙・サ ...

続きを読む »

復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(6)=廃炉措置のための最新技術

 震災から9年が経った今も、福島第一原子力発電所は閉鎖されたままだ。原発の廃炉措置、そして福島県の環境回復と住民の早期帰還に向けた取組は続いている。  廃炉推進のためには、放射線量率が高い場所で作業を行うことが多いため、遠隔技術の開発は不可欠だ。災害時対応として応用の利く技術でもある。  そこで国立研究開発法人日本原子力研究開発 ...

続きを読む »

コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も

 【既報関連】中国で流行が始まり、現在、世界中で脅威となっているコロナウイルス。1月30日にはジュネーブで開催された世界保健機関(WHO)の緊急会合で、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」が宣言された。  ブラジルでは発症者こそ確認されていないものの、ブラジル保健省発表の擬似症(検査中)の患者数は、1月30日午後4時現在の9 ...

続きを読む »

《ブラジル》文化局長に国民的女優レジーナが就任=政治経験なく芸能界も反発=政権1年強で4人目の局長

 29日、連邦政府の文化局就任依頼を受けていた女優のレジーナ・ドゥアルテ(72)が29日、10日近くに及んだ「お試し期間」を経て、就任を承諾した。国民的女優の就任は話題だが、文化局そのものの今後の方針を懸念する声もあがっていると、30日付現地紙が報じている。  今回の文化局長就任問題は、前任のロベルト・アルヴィム氏がナチス・ドイ ...

続きを読む »

《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は28日、サンパウロ市のリカルド・ガンブルフドン・ドーント識別研究所(IIRGD)内で行われた、顔・生体認識研究所の開所式典に出席。その席で、今年のサンパウロ市カーニバルから、犯罪者や容疑者、逃亡者の顔を警察が特定できるシステムを導入すると発表した。  ドリア知事は、「顔認識システムは今年のカ ...

続きを読む »

《ブラジル》南東部、中西部に大雨の予報=エスピリトサント州やミナス州で甚大な被害

 22日付G1サイトなどによると、国家防災局(DCN)が同日、南東部と中西部では24日まで強い雨が降る可能性があるとの警告を出した。最も強い影響を受けると予想されているエスピリトサント、ミナス・ジェライスの両州では既に、大雨による洪水などで死者も出ている。  国立気象観測所(Inmet)も同日、南東部と中西部では、23~25日の ...

続きを読む »

《ブラジル》20年市長選でDEMとPDTが協力か=重要3州都でシャッパとも=第3勢力狙うマイアとシロ=大統領選連立につながるか

マイア下院議長(Luis Macedo/Câmara dos Deputados)  来年の全国市長選で、ロドリゴ・マイア下院議長の民主党(DEM)と、18年大統領選3位のシロ・ゴメス氏の民主労働党(PDT)が、リオ市をはじめ、重要な市の市長選で共同戦線を張るという。  16日付ヴァロール・エコノミコ紙が報じたところによると、D ...

続きを読む »

JICAボランティア=野球後進地域へ積極的な派遣=帰国報告会で15人発表

 来年1月(来月)に帰国する国際協力機構(JICA)の2017年第3次日系社会ボランティア15人の帰国報告会が、サンパウロ市内のJICAブラジル事務所で行われた。ブラジル全土での2年間の活動内容が発表され、それぞれの成果や悩みも語られた。  アマゾナス州都マナウスのマナウスカントリークラブに野球隊員として派遣された宮田瑠星さん( ...

続きを読む »